最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

家の中から「助けて!」という声を聞いた配達員 通報すると、意外な結末に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージ
アメリカ合衆国オレゴン州で発生した、なんとも笑える『事件』をご紹介します。

事件が発生したのは、2017年11月6日の夜。その日、とある配達員はいつものように宅配業務を行っていました。

しかし、立ち寄った家で誰かの叫び声を耳にします。

「助けて!助けて!」

家の中から助けを求める声が!

配達員の元に聞こえてきたのは、家の中から誰かが助けを求める声!しかし、家の中に入ることはできません。

地元メディア『オレゴンライブ』によると、配達員は妻に電話で相談しました。そして、近くのクラカマス郡保安事務所に通報したといいます。

その後、通報を受け、ヘイデン・サンダース保安官が現場に駆けつけました。

「家の中で、何か大変なことが起こっているのかもしれない…」

そう思い、恐る恐る家に近付くサンダース保安官。思い切って家の中に踏み込むと、そこにいたのは…!

「助けて!」という声が聞こえていたにもかかわらず、家の中には誰1人見当たりません。…1羽のオウムを除いて。

そう、助けを求めていたのはオウムだったのです!

『ディエゴ』という名のオウムが引き起こした事件の真相を知り、サンダース保安官はホッと胸をなでおろしました。写真の笑顔からは「キミだったのかー!」という笑い声が聞こえてきそうですね。

ちなみにクラカマス郡保安官事務所のTwitterアカウントは、事件についてこのように報告しています。

ディエゴさんは無傷でした。

どうやら、「助けて!」と助けを求めていたディエゴには何もなかったようです。

まさかのオチに、配達員や保安官はちょっぴり拍子抜けしたかもしれませんが、結果的に平和でよかったですね!


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス