最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

菅田将暉、芸人役は「難しいなんてもんじゃない」 板尾創路監督は2丁拳銃川谷とのコンビを絶賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『火花』完成披露試写会が8日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、木村文乃、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己と板尾創路監督が出席した。

本作は、第153回芥川賞を受賞したピース・又吉直樹の初純文学作品を映画化したもの。菅田はお笑い芸人・徳永を演じた難しさを「難しいなんてもんじゃない」と語り、「板尾監督がOKを出してくれたらもうええやんっていう安心感と、横にいる(川谷)修士さんがツッコんでくれたらいかなる状況でも笑いが起きると信じて」と役柄を振り返った。

ツッコミ役には経験者を入れたいという板尾監督のこだわりで、スパークスの山下として菅田と漫才コンビを組んだ川谷は「板尾さんに選んでいただいたのは、めちゃめちゃうれしかった」と喜び、「菅田さんとホンマにコンビ組みたい。菅田さんが素晴らしくて、元のコンビに戻りたくない」と笑わせた。

実際に、川谷が言葉をかんだ瞬間に菅田が「滑舌が悪いねん。なんて?」と反応良くツッコミを入れ、「すぐ怒るやん。20(歳)ちゃうねんぞ」とやり取りする姿は本物のコンビのよう。板尾監督は「菅田さんが同級生に見せようと、修士に対してものすごく上からいく。同じ目線にならなきゃいけないという、ある意味での礼儀。俳優として素晴らしい姿勢だし、これ以上ない敬意だと思う」と2人のコンビぶりを絶賛した。

一方、桐谷は、徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を熱演。三浦演じる大林と漫才コンビ・あほんだらとして「(クランク)イン前に相方と代々木公園やカラオケでネタを練習して、ヨシモト∞ホールに行ってお客さんがはけた後に若手の芸人さんやスタッフさんの前でネタをやったりした」とガチで漫才に取り組んだことを明かした。

「(桐谷は)練習やり過ぎ。ネタを見せた後も、若手の構成作家の方に駄目出ししてもらうと言って2人で漫才をけちょんけちょんにされた」と三浦。元芸人にとっては少々悔しい思いもあったようだ。それでも桐谷は「それをちゃんとやることでスベることもウケる喜びも経験した」と充実感をのぞかせていた。

映画は11月23日から全国東宝系ロードショー。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス