最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

恋愛 

車の担当営業マンに恋しちゃいました・・・交際可能な相手でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「車の担当ディーラーの男性に恋しています。わたしが車で事故を起こしたとき、すぐに来てくれたのは、警察ではなく彼でした。「レッカー車が来るまで一緒にいますよ!」と言ってくれました。その事故のおかげで車が廃車になり、車を買おうと、なにかと相談に乗ってもらっていたんですが、23時を過ぎても親身に話を聞いてくれました。

こんなに優しいのは車を売るため? と思ったこともありますが、「ぼくは車1台を売るためにこんな電話してるんじゃなくて、ただあなたの力になりたくて!」と何度も言いました。

よく、ディーラーは遊び人が多いとか聞きます。彼女がいるのにいない感じを醸し出すこともあるとか。営業マンだから、相手が客なら仕方なく……という気持ちが強いんでしょうか?」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。



■ ■男はこうはいかない

今月は相談内容が具体性に富んでいて、なかなかいいですね。読者も相談内容を読んでいてリアルに想像でき、ある意味では楽しいのではないかと想像します。

さて、この相談と逆のパターンをまず考えてみましょうか。つまり、男が女性の営業担当者に恋心を抱いてしまう、というパターン。

このパターンが男の勘違いであるというのは、よくある話です。生保レディに恋しちゃって、相手の提案のままにいくつもの高額な保険に入っている男性……「男あるある」です。スナックやキャバクラやメンズエステなんてところは、この手の男の勘違いでもっているようなものです。

■ ■彼にすべてをゆだねてみては?

さて、営業マンって、人間好きな人が多いというのはご存知ですよね? 人間嫌いにはつとまらない仕事、それが営業です。人間嫌いだと、そもそもアポイントをとる電話すら、怖気づいてできない。それでは文字通り仕事にならないですよね。

人間好きな男性って往々にして、女性から見たら「恋しちゃってもいいかもしれない相手」に見えることでしょう。とくに営業能力が高い男性に対して「恋しちゃいそう」と思うでしょう。そう思って当然です。なぜなら彼は「女性を口説くのと営業とはおなじ」と上司に教え込まれているからです。

そこに生来の彼の人間好きな性格、人懐っこさが加わってごらんなさい。あなたのように営業マンに恋しちゃう女性が生まれて当然でしょう。

■ ■男女の交際までのストーリーを作るのも、営業マンの仕事

で、この彼のことを好きになってもいいですか? って? これはあなたが悩む問題ではありません。彼に考えさえるといい問題です。

まずは商談を装って、何回も足しげく彼と会うことです。何回も(いわばたいした用もなく)彼と会っていると、彼のような優秀な営業マンは「この女性はもしかして、おれのことが好きなのかも」と思います。そういう直感に優れているのが、優秀な営業マンです。

どうじに「聞きづらいことをさっと聞く能力」に長けているのが優秀な営業マンです。だから彼はそのうち「もしかして、ぼくのこと、好きですか?」と聞いてくるでしょう。

そのときあなたは「はい、好きです。つきあいたいと思っています」と言えばいいのです。車の購入までのストーリーを作るのも営業マンの仕事なら、男女の交際までのストーリーを作るのも、営業マンの仕事なのです。

だから営業マンは忙しいのです(?)。なぜなら「女性を口説くのと営業とはおなじ」だから。

■ ■救いようがあるので恋しちゃっていいんじゃないでしょうか

営業マンに恋したときに生まれる諸問題の解決って、簡単なんです。すべて相手にゆだねるだけでいい。あなたは「好き」という気持ちをそれとなく相手ににおわせるだけでいい。これが相手が草食系男子なら、こうはいかないはず。いつまでも煮え切らない関係が続くだけでしょう。

彼にすべてをゆだねる! これでいきましょう。すべてをゆだねた結果、高い車を売りつけられて、彼がとんずらをこくかもしれませんが、まあそれはそれで喧嘩両成敗でしょう。人間好きな男性に、相手のいいようにされたところで、そこにはまだ救いというものがあるからです。と言うか、あなたもじつは、相当な人間好きじゃないですか?(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス