最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ファンクスとHBKとECファッキンWが“同室”の空間――フミ斎藤のプロレス読本#129[ECW編エピソード21]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


199X年

「この国のフォールカウントは、アメリカのそれよりもやや遅めになっている」

「へぇー、そうなのかい」

“ハートブレイク・キッド”ショーン・マイケルズは、真剣な顔でトミー・ドリーマーのはなしに耳を傾けていた。

“この国”のレスリングについては、たしかにHBKよりもドリーマーのほうがちょっとだけ詳しい。

「それから場外カウントは“20”だよ。“10”じゃないから気をつけて」

「へぇー、そいつはいいことを聞いた」

HBKとドリーマーは、TVモニターのまえにイスを並べて“勉強会”を開いていた。HBKのすぐよこでは、HBKがサンアントニオから連れてきたふたりの新弟子がひとこともしゃべらずに“気をつけ”の姿勢で立っていた。

外国人選手のドレッシングルームは全部で4部屋、用意されていたが、やっぱりどこかのがたまり場になるのだろう。HBKとその弟子たちはECファッキンWの大部屋でハングアウトしていた。

とびきり不良で、とびきりマイペースなレイヴェンは、HBKのようなとびきりステータスの高いスーパースターとはどういうコミュニケーションを図るのかと思ってその様子を観察していたら、意外にもレイヴェンをレイヴェンとしてリスペクトしていたのはHBKのほうだった。

そういえば、レイヴェンはレイヴェンに変身するまえにジョニー・ポロというリングネームでWWEのリングに上がっていたことがある。

ニューヨーク時代の屈辱の記憶が、はみ出し者のレイヴェンを誕生させた。それが真実なのだろう。

「ワン、ツー、スリーじゃねえんだ。ワン・ブレス(呼吸)、ツー・ブレス、スリーってのがこっちのリズムなんだ。慣れればなんでもねえよ」

レイヴェンが、HBKとドリーマーの会話になんとなく割り込んできた。3人がTVモニターのまえに陣どると、そこが井戸端会議のスペースになった。

フランシーンとボールズ・マホーニーとジャズも自分たちでイスを持ってきておしゃべりの輪に加わった。

それほど大きくないTVモニターにはドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンクのザ・ファンクス対佐々木嘉則&山崎直彦のタッグマッチが映し出されていた。

ドリーとテリーのドレッシングルームは、アコーディオンカーテンをはさんでこの部屋のすぐとなりだった。“生ける伝説”テリーは気が向けばECWのリングで試合をするけれど、ドリーが動いているところを目撃できるチャンスはそうめったにない。

「ヨーロピアン・アッパーカット(エルボースマッシュ)は3発つづけて打つのが基本」とドリーマーが独り言のようにつぶやいた。ドリーマーの“予習”どおり、ドリーはエルボーを3発つづけて放った。

試合を終えたばかりのウィリー・ウィリアムスが「知り合いの子どもから頼まれた」といってHBKにサインをもらいに来た。HBKは“熊殺し”ウィリーのことをあまりよく知らないようだった。

テリーのよれよれのレスリングは、そこにいたみんなをプロレスファンの気持ちにタイムスリップさせていた。

映像制作班のアシスタント・ディレクターがレイヴェンとドリーマーとフランシーンに“スタンバイ”を告げにきた。レイヴェンは「この試合を観てからじゃダメなのか?」とふくれた。

学級委員的キャラクターのドリーマーがそういう号令をかけたかどうかはわからないが、インターミッションのあとの最後の2試合になるとECWグループはアリーナの入退場口に出て、そこからリングの上をにらんでいた。

巨大スクリーンのすぐ下の、照明があたらない場所にはドリーとテリーのファンクスが立っていた。レフェリー仕様のストライプのシャツに着替えたHBKは、暗がりのなかでほんのちょっとだけファンクスと立ちばなしをしていた。

――試合を終えたばかりのレイヴェンは、シャワーも浴びないまま入場ゲート横の階段部分に腰を下ろした。

HBKは「ワン・ブレス、ツー・ブレス、スリー……」と日本式のカウントをもういちど確認しながら入場ゲートの裏側のほうに歩いていった。横浜アリーナにあの音楽が響きわたった。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス