最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

2017年10月の月間セールス、実質トップはあの「兄弟モデル」! そこから見える日本人気質は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自動車販売協会連合会が発表した2017年10月の登録車(軽自動車、輸入車除く)のセールスランキングを見ていると、スライドドア車のヴォクシーとルーミーというトヨタ車が順位を上げていることに気付きます。

●2017年10月 登録車販売ランキングトップ10(自販連調べ)
1位 トヨタ アクア 10,031台(前月3位)
2位 トヨタ プリウス 10,014台(同2位)
3位 トヨタ ヴォクシー 7,417台(同8位)
4位 トヨタ ルーミー 7,090台(同10位)
5位 ホンダ フリード 7,060台(同4位)
6位 ホンダ フィット 7,020台(同5位)
7位 トヨタ シエンタ 6,692台(同6位)
8位 トヨタ カローラ 6,505台(同14位)
9位 トヨタ タンク 6,064台(同13位)
10位 トヨタ ヴィッツ 5,900台(同11位)

ヴォクシーには、ノアとエスクァイアという兄弟車がいます。ヴォクシー単独で3位となる7,417台も売れているのであれば、三兄弟を合計すれば、アクアを抜いて実質トップになる可能性は大。さらに、ルーミーには兄弟車のタンクが9位にランクインしているだけでなく、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティと四兄弟なのです。

つまり、ルーミー四兄弟はヴォクシー三兄弟を抜いてしまうかもしれません。というわけで、それぞれ兄弟車の販売台数を調査、合計してみることにしました。

まずはヴォクシー三兄弟の2017年10月の販売台数は次の通り。

ヴォクシー:7,417台
ノア:5,097台
エスクァイア:3,618台
合計:16,132台

軽く、アクアのセールスを超えました。

続いて、ルーミー四兄弟の販売台数を合計すると……

ルーミー:7,090台
タンク:6,064台
トール:2,046台
ジャスティ:239台
合計:15,439台

こちらも合計ではアクアを超えていますが、惜しくもヴォクシー三兄弟には及びませんでした。

というわけで、2017年10月単月でいえば、日本で一番売れた登録車の実質トップはヴォクシー/ノア/エスクァイアの三兄弟で、それに続くのがルーミー/タンク/トール/ジャスティの四兄弟ということになりました。

それでも軽自動車の絶対王者といえるホンダ・N-BOXの21,234台には届いていないのは、N-BOXの凄さを示しているところ。なお、2017年10月の軽自動車セールスで2位となったダイハツ・ムーヴは13,972台となっています。つまり、ヴォクシー三兄弟、ルーミー四兄弟は、登録車と軽自動車を合わせた新車販売ランキングにおいて、実質的な2位、3位といえるわけです。

それにしても、こうして合計してみると、いかにスライドドア車が日本市場において支持されているのか理解できるのではないでしょうか。なにしろ実質的なトップ3が、いずれもスライドドアの軽自動車、Mクラス・ミニバン、コンパクトカーなのですから。

(山本晋也)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス