最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「わろてんか」33話。リリコと藤吉、狐と狸の化かし合いのように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)
第6週「ふたりの夢の寄席」第33回 11月8日(水)放送より。 
現在、オンデマンドで、1~6話、無料配信中。
脚本:吉田智子 演出: 東山充裕


33話はこんな話
好きでもない男性の後添いにならないかと誘われて迷っているとリリコ(広瀬アリス)に相談された藤吉(松坂桃李)は反対するが・・・。

33話をとっても悪いふうに想像するとこうなる パート1
リリコは、夜中に、藤吉を家に招き、年の離れた金持ちのご贔屓さんに言い寄られて困っているから「うちを助けて」とすがりつく。
これは藤吉の気を引くため。演技はお手のものだから、気弱な女を演じることなんて朝飯前だ。

さらに、藤吉と大声で揉めているところをアサリ(前野朋哉)に目撃させて、噂を流させる。
それをまんまとてん(葵わかな)が聞いてしまうという寸法だ。

ところが、てんはいい子で、ちょっと傷ついたようだが、笑顔で「今日こそ寄席を手に入れてきておくれやす」と送り出す。
これには、リリコ、一本取られた形だろう。

33話をとっても悪いふうに想像するとこうなる パート2
リリコに求婚しているお相手は、悪い人ではなさそうで、「一生贅沢させてくれる」と言っているにもかかわらず、藤吉は「自分を粗末にすな」「おまえには自分におうた男がおる」と止める。
リリコの想いに応えてあげられない人間が、よう言うわ・・・と思うが、のちの藤吉の台詞に注目。
「おまえの語りには魂がある」「おれは芸を観る目だけには自信があるんや」などとおだてたあげく、自分の
寄席で働かせようとするのだ。
出た。魂のある語りとやらを一切表現しない逃げ技。
それはともかく。藤吉には、寄席をやるために人材が必要だから、なんとしても引き止めなくてはならない。

リリコと藤吉、芸人だけに、その場しのぎの会話によって、狐と狸の化かし合いをしているようにも見えなくはない。

なんてことを想像してしまうのは、松坂桃李が公開中の映画「彼女がその名を知らない鳥たち」(白石和彌監督)で、とんでもなく下衆い男を演じていて、そのイメージを重ねてしまうからかもしれない。つい先日、テレビで放送された映画「エイプリールフールズ」(石川淳一監督、古沢良太脚本、15年)でも、女性にだらしない役だったので、二重に。

松坂桃李は、どういうわけか淫靡な役や嘘つきな役をよく引き受けていて、それはそれで、そういう役を巧みに魅力的に演じられるひとも少ないだろうから評価されて良いということだけは付け加えておく。

そんな藤吉は、懲りずに亀井庄助(内場勝則)のところへいき、端席は、珍妙な芸人ばかり集まるとはいえ、
「新しいもんが生まれる玉手箱や」といい話を聞き、ますます、この小屋への想いをつのらせていくのだった。

今日の、わろ点
「駄賃やるとなんでもしゃべるんや」とすでにアサリを手なづけてしまったらしき啄子(鈴木京香)。

「悋気は損気やで」「いらん焼きもちは一銭の得にもならない」とはさすが始末の女。よけいな感情を抱くことすらケチってた。

外部リンク(エキレビ!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス