最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

800円~で大人の上品顔に!ラメなしマットシャドウおすすめ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コスメライターの筆者がこの秋冬に最も注目しているアイテム、それは“マットシャドウ”。

ラメやパールの入っていないアイシャドウはモード感漂うかっこいい印象や知的な上品さをナチュラルに演出してくれます。さらにブラウン系なら目元に陰影をつけて立体感を持たせてくれるという効果も。

そんなマットシャドウの魅力&おすすめアイテムをたっぷりご紹介します♪

◆イチオシはヴィセ アヴァン「シングルアイカラー」

今季は質感で楽しむメイクがトレンドで、それに伴いマットシャドウも注目度がグングン上昇中。

目元はマットに抑えてリップを主役に持ってくるもよし、マットシャドウ×マットリップでとことんモードに攻めてもよし。マットシャドウを攻略すれば秋冬メイクを2倍も3倍も楽しむことができるんです!

イチオシは、Visee AVANT(ヴィセ アヴァン)「シングルアイカラー」(800円+税、全30色、コーセー)。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=777513

2017秋冬はテラコッタや柿色といった暖色カラーがブーム。筆者もマットなレンガ色シャドウを探していたところ、ヴィセ アヴァンで理想的なアイテムを発見しました! それが「シングルアイカラー」の<023 RED BRICK>と<029 PAPRIKA>です。

①023 RED BRICK

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=777509

赤みの強いブラウンでトレンド感たっぷり。指に取ったらそのまま直塗りせず、一旦手の甲になじませて色みをぼかしてアイホールに薄く乗せ、それから二重幅に重ねれば単体でもきれいにグラデーションが作れました。

②029 PAPRIKA

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=777508

<023 RED BRICK>に比べてオレンジ感が強く、肌なじみが良いです。高発色なのでブラシでふんわりと乗せたり、上記のように手の甲で色みを調節してから塗ると◎。

800円+税というリーズナブルさも魅力で、ついつい多色買いしてしまうこと間違いなしです!

◆他にもあった!絶対使えるマットシャドウ

●アディクション「ザ アイシャドウ」③59、④63(2000円+税)

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=777506

言わずと知れた99色シャドウは「シルキー、マット、パール、メタリック」と4種類の質感が揃っています。

マットタイプは特にブラウン系が豊富で色みが絶妙!目元に自然な深みを与えてくれます。なかでも<59カフェロワイヤル(マットなカフェモカ)>と<63トリュフ(マットなレッドブラウン)>がおすすめ!

●⑤ケイト「ブラウンシェードアイズN」BR-6(1200円+税)

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=777507

全6色のブラウンシェードアイズNは<BR-6>のみがマットタイプになっています。

色の組み合わせ方次第でナチュラルにもしっかりメイクにも仕上げられる捨て色なしの万能パレット。ベーシックなカラーなので仕事でもプライベートでも活躍してくれます。

●⑥NARS「デュオアイシャドー」3902(4200円+税)

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=777528

ベージュやブラウンといった使いやすいカラーのバリエーションが豊富で、1つ持っていればとにかく使える!と話題になり多くのファンを獲得しているNARS(ナーズ)のデュオアイシャドー。

人気の高い<3902 Saint Paul de Vence>はシマーなネクタリンとマットなチェスナットの組み合わせでナチュラルかつヌーディ―な目元を演出してくれます。光沢感のあるネクタリンがさりげなく華やかさを添えてくれるので、マットオンリーのアイメイクに抵抗のある方にもおすすめ!

マットシャドウはラメやパールが入っていないので、ブラウン系を選べばアイブロウやシェーディングとしても使えてとっても便利。

ファッションと同じようにメイクにもトレンドを取り入れれば、おしゃれの幅もさらに広がりますよ。

<TEXT/鈴木美奈子>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス