最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

香港のセブンイレブンに「日本を超えるウマさの商品」があるのか確かめた結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©sirabee.com

日本でもそこら中で見かけるコンビニエンスストア『セブンイレブン』は、お隣の香港でも同じようにどこへ行ってもある。

店内には日本のお菓子や飲み物が豊富に取り揃えられており、「ここは日本か!?」と錯覚してしまうほどの品揃え。

©sirabee.com

少し違うのは惣菜やカップラーメンなどだが、この中に日本のセブンイレブンを超える味の商品はあるのだろうか?

■美味しそうな商品を購入


美食の街・香港なら、きっと日本人がビビるぐらいウマいものもセブンイレブンに売っているはず! ということで、しらべぇ取材班も、美味しそうな商品を数点買って、実際に食べてみることにした。

(1)揚州炒飯


©sirabee.com

まずひとつめは、パッケージからしてメチャウマそうな『揚州炒飯』。揚州炒飯とは超簡単に説明すると日本の五目チャーハンのようなもので、チャーシューなネギなど一般的な具材が入っている。

©sirabee.com

見た目は超美味しそうなのだが、コレがとんでもなくマズい! 炊き損なった米のような食感で、ごはんがボソボソして芯が残っているので、そこはかとなくマズい。

具や味付けは普通だが、米が最悪レベルにマズいのでそれだけですべてが激マズになってしまうという、チャーハンの本場にあるまじきマズさだった。日本のセブンチャーハンは神。

(2)おにぎり(鮭の照り焼き)


©sirabee.com

次に試したのは、日本と同じようなパッケージのパリパリ海苔のおにぎり。こちらも見た目は普通だが、手に取った瞬間物凄く嫌な予感がした。

©sirabee.com

なぜなら日本のおにぎりはふっくらと軽いが、香港のおにぎりは持った時点でわかるぐらいカッチカチなのである。

具は甘めに味付けされた鮭なので普通なのだが、こちらも米がカチカチでマズいのでそれだけでエクストリームなマズさに仕上がっていた。日本のおにぎりは神。

(3)韓国風海苔巻き


©sirabee.com

3番目に試したのは、韓国風の海苔巻き。日本のセブンイレブンでもたまに売っているが、こちらは定番メニューのようだ。

©sirabee.com

しかし、やはりおにぎりと同じく米をこれでもかというぐらいカチカチに仕上げているので、食感が最低でとにかくマズい。

ただ、キムチは異常なレベルの旨味があり、濃い味に仕上げているためおにぎりよりは少し食べられた。

もしかすると今話題の独島エビを調味液に使っているのかと錯覚するほどである。しかし、それでも「ひと口食えばもういいです」レベルにマズい。日本の海苔巻きは神。

(4)ポテトチップス『波浪の薯』ホット&スパイシー味


©sirabee.com

4番目は、カルビーなのに謎の日本語が使われているポテトチップス『波浪の薯』。おそらくギザギザカットのポテチを無理矢理日本語にしたのだろう。

©sirabee.com

気になる味はなんだか芋の味がなく、日本のカルビーのポテトチップスよりもかなり印象の薄い味。

マズいというレベルではないものの、日本のポテチとくらべると3ランクほど下と言わざるを得ない。日本のポテチは神。

(5)カップラーメン『満漢大餐』


©sirabee.com

最後に食べたのは、ものすごく豪華なビジュアルと名前のカップラーメン『満漢大餐』。

©sirabee.com

こちらもポテトチップスと同じく、旨味が足りない少しぼやけた味で、マズくはないものの取り立てて美味しいワケではない。

香港で日本の即席麺『出前一丁』が大人気なのも、本国のカップラーメンがイマイチだからだろうか。日本のカップラーメンは神。

■全部だめだと思いきや


以上5品を試したが、生粋の日本人的にはすべて日本のセブンイレブンで売られているほうが圧倒的に美味しかった。

©sirabee.com

しかし、最後に救いがあった。なんと香港空港のセブンイレブンで買った中国産の牛乳が、日本の牛乳を超えるウマさだったのだ!

©sirabee.com

親戚に酪農家がおり、自身でも生乳を使いチーズを作る職人の原田さんいわく「まったく嫌な臭いもせず、乳脂肪分が高いので本当に美味しいです」とのこと。

©sirabee.com

確かに成分表を見てみると、乳脂肪分は4.0%。日本がだいたい3.6ぐらいなので、中国の牛乳は日本の牛乳よりも濃くて美味しいのだ。

■香港のレストランは激ウマ


コンビニの商品はだいたいが日本より美味しくなかったが、香港のレストランはハズレがないのかと思うぐらいどこも最高だった。

コンビニで買うのはお茶やお菓子ぐらいにしておいて、食事は外食にするのが香港旅行での正しいスタイルなのかもしれない。遅くまでやっている店も多いので。

・合わせて読みたい→【セブンの日】ポテチでセブンの『炭火焼牛カルビ弁当』をほぼ再現する方法

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス