最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

山本美月演じるヒズミの過去とは? 今からでも遅くない『刑事ゆがみ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

今夜10時に、第5話を迎える『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)。

原作でも人気の高い「ロイコ事件」がベースとなるようだが、オリジナル要素も大きいだけに、どんな展開になるのか気になる人も多いだろう。

また、しらべぇドラマ班の評価はもちろんのこと、多くのメディアで高評価を受ける本作だけに、「観てなかったけど、今からじゃどうかな…」と思っている人も、少なくないのでは?

刑事ドラマで1話完結のため、いつから観てもきっと楽しめるが、「今夜の第5話は必見!」のポイントがある。

原作にはないオリジナルキャラクターというだけでなく、声が出せない設定で、表情やしぐさの演技だけで多くのファンを魅了している、山本美月演じるヒズミこと氷川和美――主人公・弓神適当(浅野忠信)の裏バディであるハッカーの背景が、ようやく明かされそうなのだ。

そんな第5話の前に、これまでの『刑事ゆがみ』を少しおさらいしたい。

■魅力的なメインキャラの二人


(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

適当でだらしなく、人と一緒に行動することを嫌う変わり者。しかし、ひとたび事件の捜査になると、常識やレッテルに惑わされず、ただひたすらに真実を追い求める、うきよ署強行犯係の刑事・弓神が主人公。

ヘラヘラと勝手な行動をしているように見えて、洞察力に富み、事件を解決する推理力だけではなく、犯人や関係者の心理を深く汲み取り、繊細な対応を見せる弓神の人間性が本作の大きな魅力になっている。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

そして、バディを組む若手刑事の羽生虎夫(神木隆之介)は、上昇志向と正義感が強く、違法捜査もお構いなしの弓神を厄介に思いながらも、すごさを認めている分、振り回されてしまう状態だ。

回を重ねながら弓神に愛称を増やされているのだが、まずは「童貞くん」(第1話)とからかわれ、レンタルショップで迷っているところを盗撮されて「AVくん」(第2話)呼ばわりされたり、上昇志向との相乗効果が有り余る「腹黒くん」(第3話)ぶりを揶揄されたり、過去の対応の失敗から「しくじりくん」(第4話)と称されるなど、いじられ放題。

しかし、この「振り回す」弓神と「振り回される」羽生の姿が、刑事ドラマに新たなバディの形を提示している――といった評価に繋がっている。

■絶対的な信頼があるから


(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

羽生にとっては、自分をからかい、盗撮までして弱みを握り、勝手を押し付けてくる弓神。上昇志向の強い羽生にしてみれば、一緒に行動することで始末書ものの逸脱捜査に巻き込まれる可能性は高いし、先輩とはいえ、本来であれば距離を置きたくなるような困った存在のはず。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,336名を対象に「困った上司・先輩がいた」人の割合を調査したところ、60.6%が「困った上司・先輩がいた」と回答している。

性別・年代別では、羽生が該当する20代男性は最も低いが、これからの長いキャリアの中で、出会ってしまう人も多いのかも。

©sirabee.com

とはいえ羽生の場合は、弓神に対して悪態をつき、舌打ちしながらも、影では「すごい人」と口にしていたり、なんだかんだ指示に従ったり、自分から提案して二人で実証実験するなど、「絶対的な信頼があるからこそ」の振り回されっぷりに、バディとしての高いクオリティを感じている人が多い。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

また、二人の上司である強行犯係係長・菅能理香(稲森いずみ)も、弓神の勝手な行動に怒ったり、困らされたりしながら、着眼や推理・捜査に対して、高い信頼を寄せていることが言動の端々に出ている。

第4話ではストレスの原因を弓神だけでなく、「羽生も急上昇」と言い捨てるように口にしているが、カッコイイ上司・菅能姉さんのセリフだと、羽生への信頼や成長への評価も「急上昇しているのね」と感じられて、ニヤリとした人も少なくないはずだ。

■切なすぎる真相にも救いが


各話の逮捕劇についての詳細は省くが、このドラマが素晴らしいのは、単に真犯人を捕まえるだけではなく、事件の背景にあった犯人や関係者の心理を細やかに描いている点。

罪を犯した犯人を追い詰めながらも、それぞれの想いや心理を弓神が解き明かすプロセスには優しさがあり、切なさと救いを感じさせる展開が『刑事ゆがみ』最大の魅力になっている。

そして、「振り回される」羽生にとって、切ない事件となったのが第1話と第3話。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

第1話の真犯人は、羽生が再会に胸をときめかせた中学時代の同級生・坂木望(杉咲花)。弓神は推理を明かさないまま羽生を動かし、望を捕まえさせる。

しかし、真相が明らかになるプロセスで、刑事として「冷徹にことに当たらせた」というよりも、羽生の想いを知った上で、事実に向き合わせるための「弓神なりの思いやり」を感じる。

また、第3話の真犯人は、羽生が交番勤務時代に世話になり、心から尊敬する元上司・真下誠(寺脇康文)巡査部長だった。



この時は、羽生を特別ドリンクで眠らせて現場に投棄(?)し、真下の犯した罪を掘り起こさせる作業を指示。

山の中で一人きりで穴を掘り、過去に真下が遺棄した長女の白骨遺体を発見する羽生の姿はつらいが、真相と向き合わせる弓神のやり方は、やはり繊細な気遣いと受け取れる。

これらの事件以外でも、弓神が事件の背景や真相を解き明かす中で、犯人も周囲の人間も犯罪という暗い出来事から、前を向けるようなきっかけが示される。

多くのドラマウォッチャーが評価し、ハマる大きなポイントは、この「切ない。でも救いがある」ところなのではないだろうか。

■ヒズミの過去が明らかに?


謎解き要素に加え、笑ってしまう小ネタ――羽生の裏キャラや残念な愛称を更新し続けたり、いい加減な弓神の言動だったりのほか、豪華なキャストの贅沢な使い方など、“お約束”的なポイントは知らずに観ても充分おもしろい。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

しかも、今夜の第5話では、これまで一切の説明がないまま、弓神の裏バディとして活躍するハッカーのヒズミに、どんな過去があり、なぜ弓神と行動を共にするようになったのかが、明らかになりそう。

素の山本美月のかわいらしさだけでなく、食べる姿や弓神に向けるあどけない表情でファン拡大中の人気キャラクターだけに、「待ってた!」という人も多いはず。



その点でも、「これまで観てなかったから…」と迷っている人には、“かなり良いタイミングなのでは?”と、オススメしたい回なのだ。

観たらきっとハマる『刑事ゆがみ』。ぜひこの機会に、チェックしてみては。

《これまでに配信した『刑事ゆがみ』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→切なすぎた「きれいな百合回」の『刑事ゆがみ』凝った演出に驚愕の声も

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1336名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス