最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ディズニー30作品を搭載! 最新読み聞かせグッズ"ドリームスイッチ"がすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就寝前の「絵本の読み聞かせ」。楽しい時間である一方で、「絵本を持つ手が疲れる」「照明の調節が難しい」など、大変なこともあるかもしれない。今回は、そんなママ・パパにオススメしたい最新の読み聞かせグッズ「Dream Switch」(ドリームスイッチ/税別1万4,800円)を紹介しよう。

○ゆっくり動く絵本が眠りを誘う

「Dream Switch」は、絵本をプロジェクターで天井に映すことで、暗い部屋で寝そべりながら読み聞かせができる商品。「くまのプーさん」や「アナと雪の女王」など、ディズニー作品30冊分が"動く絵本"として搭載されている。1冊分は約10分間だ。

アニメーションでは、子どもが興奮してしまって眠れなくなるのでは?」という疑問を持つ人もいるかもしれない。商品発表会では実際に絵本が映されたのだが、個人の印象としては"限りなく静止画に近い"絶妙なスピードで動く映像だった。これなら、子どもの眠りを誘ってくれそうだ。

○豊富な機能を搭載

さらにうれしいのが、読み聞かせ初心者でも安心なBGMとナレーションの音声が付いていること。「字幕モード」にすればもちろん、自ら読み聞かせをすることも可能なので、親子間のコミュニケーションも取れるだろう。

そしてぜひ活用してみたいと思ったのが、11種類にも及ぶ知育にまつわるコンテンツ。ディズニーのキャラクターと一緒にアルファベットや50音を覚えられる「ABCパレード」「あいうえおパレード」、他にも1日の生活習慣や動物の名前などが覚えられるコンテンツは英語と日本語両方に対応しているので、さまざまな用途で楽しめるという。

加えて、ひつじの数を数える「ひつじかぞえ」や夜空に浮かぶ灯りを表現した「ラプンツェルキャンドルドリームナイト」など、就寝前にぴったりなコンテンツも9種類搭載されている。

絵本を投影する際の角度は自由に調整できるほか、リモコンが付いているので、横になったままでも楽に操作できそう。物語が終了する時に自然にスイッチオフできる「オートオフ機能」が付いているのもポイントだ。

同商品は、「Amazon.co.jp」「ジャパネットたかた」「日本トイザらス」で11月9日から発売される。来月に迫るクリスマスのプレゼントとして検討してみてもいいかもしれない。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス