最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

門脇麦、山崎賢人を“キス”で殺す 新ドラマ『トドメの接吻』出演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本テレビの2018年1月期日曜ドラマ『トドメの接吻』で、主演の山崎賢人を“キスで殺す女”役に、女優の門脇麦が扮することが発表され、2人のキス写真が公開された。門脇は「素敵な作品を届けられるよう精一杯頑張ります」とコメントを寄せている。

【関連】「門脇麦」フォトギャラリー

本作は「接吻(キス)から始まる、死のタイムリープ」をコンセプトに描かれるオリジナル作品。ナンバーワンホストであり愛が歪んだ“クズ”な主人公・堂島旺太郎(山崎)は、過去のある事件をきっかけに、誰も愛さず、成り上がることだけを追う孤高の男。旺太郎は、資産100億とも言われるホテル王の社長令嬢を前に「今度のターゲットはこの女だ」と意気込むが、やがて現れた“ある女”(門脇)のキスにより死を迎える。しかし、次の瞬間、彼は見覚えのある7日前の景色の中、意識を取り戻す。彼は、謎のキス女によって、何度も“死”と“時間”を繰り返す、“死のループ”を経験する羽目に…。

今まで見たことのない“過激”で“ミステリアス”な女を演じる門脇は、「久しぶりの山崎さんとの共演、他のキャストの方々も素敵な方ばかり、監督はじめスタッフの皆さまの、作品に向けた士気の高さからは、今からわくわくが止まりません」と撮影を心待ちにしている様子を見せる。キスで主人公を毎週殺すという自身の役柄については「今回はオリジナルストーリーなので私も先の展開が見えないですし、視聴者の皆さまと一緒にドキドキしながら撮影を楽しみたいと思います」と意気込みを語った。

番組のプロデューサーは、「“キスで殺す女”は、おそらく連ドラ史上初めてのヒロインではないかと思います。ただ可愛いだけじゃない、ミステリアスで、恐ろしさも表現できる…そんな女性は滅多にいません。それがまさに、門脇さんです」と門脇起用の理由を明かす。

また、旺太郎のライバルとなる日本企業トップのホテル王・並樹グループの御曹司で、後に旺太郎とある女性を巡って争うことになる並樹尊氏を演じるキャストが16日に発表されることも発表された。

日曜ドラマ『トドメの接吻』は、日本テレビ系にて2018年1月スタート。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス