最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

乃木坂46念願の東京ドーム大熱狂「もっとすごい景色へ」飛躍誓う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乃木坂46が5年8か月でついに到達した東京ドームの舞台。
「乃木坂46”真夏の全国ツアー2017 FINAL!”」が11月7日、8日の2日にわたり東京ドームで開催された。チケットは即日完売、ステージ裏の通称音席も追加販売し、2日で10万人のファンを集めた。
2日目、まさにFINALとなる8日の公演、ステージ下にいた警備員がひとりひとり踊りだし、公演スタッフも次々参加、クラップの輪がだんだん大きくなり、総勢460人のフラッシュモブから自然と気持ちが高鳴るovertureへと入り、観客のテンションはすでに沸点を超え、そのまま『制服のマネキン』へ突入、熱狂の幕が開く。
_D5_1826
白石麻衣センターの『世界で一番 孤独なLover』、夏シングルの代表曲『夏のFree&Easy』、齋藤飛鳥が「お前ら、いつも小さい声でしゃべってんだろ!今日は騒ぐぞー!」と煽り、自身初センターのシングル『裸足でSummer』、さらに「笑顔のホームラン打つ準備できますかあ!!」と生駒里奈が絶叫、『太陽ノック』を畳み掛け、セーラースタイルのベーシックな制服から花柄の上品なワンピース姿で清楚を纏いながらも、5万人を序盤から熱狂に陥れる小悪魔たち。
乃木坂46の伝説のすべてがここからはじまったデビュー曲『ぐるぐるカーテン』、2期生堀未央奈をセンターに大抜擢した『バレッタ』、ここで3期生が登場すると、一際大きな声援が起こり『三番目の風』を精一杯パフォーマンス。つづいて『思い出ファースト』を歌い上げ、先輩にバトンを渡し、西野七瀬、伊藤万理華、桜井玲香、井上小百合、斉藤優里、中田花奈による『他の星から』をスペーシーに歌うと、白石麻衣、衛藤美彩、秋元真夏、松村沙友理、高山一実による『でこぴん』では、カメラレンズにサインする演出で観客が絶叫。これも人気曲『あらかじめ語られるロマンス』を星野みなみ、齋藤飛鳥、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、堀未央奈がキュートに歌い、星座を並べる歌詞を観客も一緒に歌い盛り上がり、これも神曲との呼び声高い生田センターの『ダンケシェーン』を声量たっぷりに歌い上げ、「やっぱ乃木坂だな!」が決まると、『ハウス!』でますますヒートアップ。
中盤はアンダーメンバー伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、能條愛未、樋口日奈、山崎伶奈、渡辺みり愛、和田まあや、そこに以前アンダー経験があるメンバーがひとりひとり壇上へ。このほど卒業を発表した中元日芽香、伊藤万理華も加わり、『ここにいる理由』『あの日、僕は咄嗟に嘘をついた』『君と僕は会わない方がよかったのかな』『生まれたままで』さらに現アンダーメンバーで『アンダー』『My rule』を熱唱、アツい歓声がいつまでも続いた。
西野のソロパフォーマンスから『命は美しい』、『逃げ水』、『インフルエンサー』とメガヒットナンバーを披露。次に”一粒の種が集まり成長する軌跡の上で”幹”となった曲”として『君の名は希望』が紹介され、生田のピアノ独奏でメンバーが万感の思いを込めて歌い、生田がセンターを務めた『何度目の青空か?』をパフォーマンス。最後は最新シングル『いつかできるから今日できる』で本編は終了した。
「乃木坂・46!」の怒涛のアンコールに応えたメンバーは、ふたたび『おいでシャンプー』、『ロマンスのスタート』、白石の煽りで沸点突破の『ガールズルール』、そして3期生加入で46人となった乃木坂46初の楽曲『設定温度』を披露したところでキャプテン桜井は「ひとつひとつ咲くことを夢見るつぼみたちが、同じ夢を持って、同じところに向かって歩き始めました。涙をたくさん流して、汗をたくさん流して、少しずつ成長してきて、今日こんな素敵なステージの上で、花を咲かすことができました。今度はその花から生まれた種を、日本中、世界中、もっと広いところに、そよ風に乗せていろんな人のところへ運んでいきたいなと思っています。今この会場にいるみなさんには、そんなそよ風になってもらって、私たちの力だけではなくて、みなさんの力も借りて、このグループをもっともっと成長させてい行きたいらいいなと思います」と熱いメッセージ。そしてアンコールを締める歌として欠かせない『乃木坂の詩』歌唱の後、思わずファンからのサプライズが。白のサイリウムで「乃木坂46アリガトウ」と人文字が浮かび上がると、メンバーは「え!?すごーーい!!」と驚きと感激で今にも泣きそうな表情に。桜井は「みんな大好きです!もっとすごい景色のところへ連れて行きます!」と誓った。
これで大団円かと思いきや、退場案内のアナウンスをかき消すように鳴り止まぬWアンコールの歓声が。ステージの幕がサッと下りると『きっかけ』が流れ、中元と万理華が輪の中心となって前方ステージへ。メンバーが各々に駆け寄り声を掛けると、中元、万理華の目には涙が、メンバーも別れを惜しむかのように抱き合い、2人の旅立ちを祝って、共に歩んできた6年間を思い起こしていた。
中元は「『君の名は希望』に”未来はいつだってときめきと出会いの場”という歌詞があります。これからも乃木坂ちゃんの未来がときめきに溢れた素敵なものになるよう、これからも乃木坂46のことよろしくお願いします。6年間お世話になりました」とメッセージを贈り、万理華も声を詰まらせながら「ありきたりな言葉かもしれないけど、みなさんの応援があって、大好きなメンバー、大好きなスタッフさんがいたから、私はアイドルとしてこのステージに立つことが出来たんだと思います。最後に大好きな『きっかけ』を歌うことができて幸せです。これから乃木坂46にとっても”ひめたん”(中元)にとっても私にとってもスタートだと思うので、ここから突っ走って行きたいです」と語った。2人は退場時、マイクなしで「ありがとうございました!」と心からの感謝の言葉を残し、乃木坂46から羽ばたいた。
無数に波打つサイリウムの光がまるで満天の星空のように東京ドームを埋め尽くす。地鳴りのような歓声を浴びて、美しく歌う少女たちの姿を、6年前、誰が想像しただろうか?夢のひとつとして東京ドームにたどり着いた乃木坂46は、まだまだ高みを目指し歩み続ける。

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス