最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

かえってブラックな働き方になる危険も…「在宅勤務」の現実とデメリットと克服法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 働き方改革の一環で、リモートワーク(在宅勤務など)を幅広く認める企業が増えている。長い通勤時間や取引先からの移動を削減できるなどの点で、生産性向上に一役買う可能性は高い。実際にリクルートグループの一部などがリモートワークの試行後、生産性が高まる効果があるとしてサテライトオフィスなどに投資している。

一方で、働く場所を好きなように選び、地方や海外からほとんど出社せずに遠隔で働く「完全リモートワーク」は、成立するのだろうか。著者自身、シンガポールに拠点を移して日本についての記事を書くというリモートワークをはじめた。

同時に、海外で働きながら子育てをする女性たち向けに「海外×キャリア×ママサロン」というオンラインサロンを運営している。配偶者の転勤などで海外にいながら仕事を続けようとする女性のなかには、会社との交渉次第で当初勤めていた企業に所属しながら遠隔で仕事を続けているケースもある。

ただ、彼女たちとの情報交換からは、やはり「完全リモートワーク」にはまだ課題が多く、それなりの工夫が必要であることも見えてきた。3つの課題(海外は4つ)、その克服方法とは――。

(1)世の中・社内の空気が読めない

完全リモートワーカーが一番困るのは、気候の話から始まり、政治経済の話題、職場の雰囲気まで、とにかく「空気が読めない」ことだ。

私自身、日本での服装についての記事を書くときに、冒頭の入りで非常に迷ったことがある。「今年の夏も暑かった」なのか、「今年は冷夏だった」なのか。気温を見て書いても常夏のシンガポールから書くとどこか嘘めいてしまう。

「最近、話題の……」という書き出しが、本当に話題なのかということもSNS等だけでは不安になる。本当にタクシーの運転手さんや居酒屋談義、職場の雑談でそれは話題になっているのか、ということが遠隔ではわからない。

私が逆の立場で以前、ここ数年海外に拠点を置いているというライターにスカイプ取材をされたときも同様のことを感じた。待機児童のことなどかなり基本的なことから説明したつもりだったが、大量の赤字修正が必要で、日本にいればもう少し知識が入ってくるのではと感じた。

「世の中の空気が読めない」ことだけではなく、職場の空気がわからないこともリモートワーカーにとっては不安要素だ。コピーライターとして前職の会社などとリモートワークをしているある女性は「社内のテンションが不明ですね。こちらから連絡をとるときに、この雰囲気は新たな提案が通りそうとか、いまこの話はタイミングじゃないなぁというところが読みにくいです」と言う。

たまにでも出社していれば、今は少し張り詰めた空気だからこの話はあとにしよう、といったことがわかるが、遠隔ツールではとんでもないタイミングに社内SNSを投げてしまったり、スカイプで発言を割り込ませたりしてしまうことがある。

「日本だと、テレカン(テレフォン・カンファレンス:電話会議)では相手の表情を読みながら、テレカンの前後にちょこちょこ話して合意形成されたりするので、テレカンで遠隔から会議の方向性を左右することが難しく感じます」という声もあった。

対策としては、年に数回でもできるだけ対面の機会をつくる、一対一ではなくできるだけ大人数の会議の様子も聞けるようにさせてもらうなどの工夫をしている人が多いようだ。次のような経験談があった。

「細かな話ですがカメラ位置とか、マイク付きイヤホンを使うか使わないかとかでも変わってくる。社内の状況が不明な一方、向こうもこちらの状況が不明なようなので、リモートの最初の頃はかなり密に連絡をとってこちらの状況を伝えるようにしていました」

「最低2月に一度ぐらいの頻度で帰って、ミーティングを詰めまくっています。また、情報通の人とLINEしたり、社内の人と可能な限り電話をするようにして、情報収集に励んでいます。なるべく連絡しても嫌がられないように、電話の際は時間短く、機嫌良くを心がけています」

(2)新規が開拓できない

次に、完全リモートワーカーが苦戦している点は、新規開拓など、初対面の人と仕事をする場面だ。私は日本でフリーランスとして仕事をしているときに、表敬訪問は基本的に機会費用が奪われて時間の無駄と感じ、そのことを記事にしたこともあった。が、単発のイベントなどならともかく、何かプロジェクトを共に進めようというときは、やはり対面で一度相性などを見極めたほうが、のちのちかえって効率的かもしれないとも感じる。

こと営業活動については、まだ対面が重要なようだ。長年、企業広報をしてきて今後夫の転勤に伴い海外にいく可能性があるという女性は「初対面でのコンタクトでSkypeやZoomなどのツールを使っての面会は失礼というか、わかりにくい、伝わりにくいというところがありますよね。営業系はやはりまだまだアナログというか、人間関係構築な部分があるので対面のほうが仕事しやすいのかなと思います」という。

業界慣習やツールによっても変化していくのかもしれない。「海外×キャリア×ママサロン」では次のような意見もあった。

「オンラインでのコミュニケーションに慣れているかどうか(ツールの使いこなしや、気持ち的な部分も含め)は大きいと感じています。リモートというよりも、オンラインでのコミュニケーションが活発なところあるいはそれが当たり前の環境のところは、リモートワーカーがいても違和感ないですね」

「トピックと相手によって、顔が見えるスカイプ、声だけでOKな電話を使いわけています。同じ社内でも、テレカンに慣れている(日常的に日本国内でテレカンをよくしている)部門もあり、そういう部門との仕事は結構スムーズだったりします。テクノロジーがもう少し進化して、みんながリモートワークに慣れたら、リモートワークでも問題ない日がきっと来るんだと思います」

(3)孤独、ひたすら孤独

最後に、リモートワークをしている人たちは、日々孤独と戦っている。集中して作業することが必要な業種であればプラスにも転じ得るが、孤独であることは時に生産性を下げる。ちょっとしたアイデアが浮かんだそのときに、人の意見を聞いてみる、人の知識を借りて考える、ということができないからだ。

「(完全に自宅をリモートワークのオフィスにしていると)例えば通勤中とか街中を歩いて受動的に得ていた情報にタッチできなくなる。オンラインで得る情報は、能動的にあつまる情報がほとんどで、偶然見たこと聞いたこと会った人からアイデアが浮かぶみたいなことが少なくなると感じます」

「海外在住ですが、最近シェアオフィスを探しています。また、現地のエージェントやNGOとの仕事をしたりネットワークを増やしたりすることで、なぜ私はここから日本の仕事をしているのだ? と自問しなくてすむようにしています」

解決策は、現地でコミュニケーションを作る、ネットワーキングをするということになるのだろう。完全にリモートということでも、世界のどこにいてもまったく変わらないということではなく、むしろその場所独自の情報を生かす方向にシフトするほうが付加価値も産みやすいかもしれない。

(4)時差がきつい

このほか、欧米などの時差が大きい海外リモート組からは次のような声があがっていた。

「時差ですね。深夜のコールはなるべく出ないよう上司が配慮してくれていますが、アメリカ、日本、ヨーロッパでコールするときなど、ごくまれにですが、どうしても深夜になってしまう時も。また、夜メールを送って、朝日本から返事が来ているので、なんとなく夜も気持ちが落ち着きません」

「海外メンバーとリモートしている知人は、時差の問題で夜中のweb会議が多くなってしまい、かといって日中業務がないわけではないので、かなりブラックな働き方になると嘆いてました」

まだ、「世界のどこにいても同じように働ける未来」まではもう一工夫必要なようだ。とはいえ、東京一極集中と、それに伴う待機児童や通勤ラッシュなどの課題にリモートワークは大きな可能性を秘める。会議ツールなども各種登場し進化しており、より空気が読め、初対面でも違和感がなく、孤独も感じにくいような技術も早晩実現するのではないかと期待する。
(文=中野円佳/ジャーナリスト、オンラインサロン「海外×キャリア×ママサロン」主宰)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス