最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「感性重視」ママが70%以上!芸術の秋にオススメの感性教育とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
source:https://www.shutterstock.com/

芸術の秋、週末にお子さんとアートイベントなどに参加されている方もいるかもしれません。

芸術というと“感性”が磨かれるイメージですが、最近では幼児からの取り組みも多くみられるようになりました。

今回は、感性の教育と育み方について、NPO法人みんなのことばの渡邊代表に、“音楽を通しての感性教育”と、子どもたちの反応について伺ってきましたのでお伝えします。



7割以上のママが感性を重視!でも「育む方法が分からない」


ニコンが行った『こどもの感性教育に関する調査』で、73.5%のママが「感性教育は重要」だと考えていることがわかりました。

一方で、約7割が感性を育む方法に悩みをもっていたのです(※1)。

近年では、保育園の保育指針、幼稚園の幼稚園教育課程、小学校の学習指導要領にも明記される感性教育(※2 P59-60)。これらは子どもの感性を育む教育のことですが、“感性”自体が漠然とした概念のため、明確な定義はありません。

筆者が講演活動で話しているのは、“感性を育てる”とは、わかりやすく言うと“ものの感じ方を育てる”ということです。

感性そのものに正解や間違いはありません。

特に、幼児は言葉が乏しく、感じたことを絵や創作物で表現できるほど器用ではありません。

そのため、感性が育っているのかわかりにくいのです。

感性教育の現場から…「みんなのことば」渡邊代表に話を伺いました


感性教育として取り上げられることの多い分野として、まずは音楽、そして図画工作や自然とのふれあいなどがあげられます。

今回は、音楽で幼児の感性を育む活動をしているNPO法人みんなのことばの渡邊代表に、音楽での感性教育を通じて、子どもたちはどのような反応をみせるのか伺いました。
Photo by Author

リラックスして楽しめるよう、子どもにとって“いつもの場所”である幼稚園や保育園へクラシックコンサートを届けています。「静かに聴く」などのルールは設けていないのですが、それでもはじめはいつもと違う雰囲気に緊張している子どもが多いです。

しかし、徐々に表情が変わるのがわかるんです。ステージと客席という距離感ではなく、目の前で演奏するので、楽器から出る音の振動、聞いたことのある曲を管弦楽器で聴く感動、自然に体が動き、歌う子も出てきます。

それぞれが自由に、自分が感じたことを好きに表現する場になります。繰り返し訪れる園では子どもたちの成長も実感でき、感性が育まれているなとこちらが感動しますよ。

渡邊代表の話にもわかるとおり、感性を育むための環境として、否定されたりしない自由な雰囲気や、表現できる場が大切であることがわかります。

感性を育むきっかけに!オススメの方法とは

source:https://www.shutterstock.com/

感性を育むことは、ものごとへの感じ方の幅を広げることです。そこでオススメの方法は五感を使う経験をたくさんすることです。

五感とは、“視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚”のこと。

日本では四季折々と景色が変わります。秋であれば紅葉を見に出かけるだけで、色づいた葉が目に入ります。しなやかだった葉もパリパリになり、セミの声はコオロギの声に変っていることに気づきます。

子ども自身が気づくのが一番ですが、ときには親が感じたことを子どもに声かけするとママの価値観も伝わり、効果的です。

植物や生き物を育てることでも“生死を実感する”という重要な気づきが得られます。

筆者の子どもは、金魚すくいでとれた金魚を大事に世話しましたが、死んでしまいました。大号泣でお別れの言葉をかけ、お墓に埋めました。

悲しいですが、命と対峙するかけがえのない経験と感性を育めたと思います。

最後に、子どもの感性を可視化するのは難しいです。

その中で、毎日ひとつでもいいので、子どもの体験を丁寧にみてあげてください。

一生懸命に話そうとしますし、思ったこと、感じたことを動きで伝えているのがわかります。そのときに、認めてやり、親が感じたことも伝えると感性の成長につながります。

何よりも、このようなコミュニケーションが、子どもの社会性を育み、感性の成長を後押ししてくれますよ。

【取材協力】
※ 代表理事 渡邊悠子・・・音楽で子どもの心を育てるNPO法人『みんなのことば』 の代表。6歳までの子どもの感性を育てる、五感で体感できる参加型クラシックプログラム「みんなのコンサート」を、幼稚園・保育園・イベントなどで開催。

【参考・画像】
※1「子どもの教育に関する意識調査」株式会社ニコンイメージングジャパン、2016年11月16日
※2「『感性』及び『感性教育』に関する一考察」平嶋一臣、「純真紀要」No.54、2013年、純真女子短期大学
※ LightField Studios、Daniel Chester / Shutterstock

外部リンク(It Mama)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス