最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

オリジナルアニメ「宇宙よりも遠い場所」水瀬いのり、花澤香菜らが出演!2018年1月から放送決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
完全新作のオリジナルアニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」の放送が2018年1月からスタートすることが決定。新ビジュアルやPVが公開され、メインキャストやスタッフ情報が発表されました。

本作は、主人公の玉木マリを中心とする女子高生たちが、砕氷艦「しらせ」に乗って、宇宙よりも遥かに遠い、誰も寄せつけないその場所…南極へと向かう青春グラフィティです。

高校2年生・玉木マリ(タマキ マリ)を演じるのは水瀬いのりさん。キマリという愛称で、明るくて元気、人当たりも良いことから、友達からは慕われているが、みんなの中心やリーダーになることは苦手。好奇心旺盛だが、一方で臆病で小心者なところもあり、やりたい自分と、結局やらないまま終る自分の板挟みに悩んでいるキャラクターです。

キマリと同じ学校の高校2年で、目の醒めるような黒髪の美少女・小渕沢報瀬(コブチザワ シラセ)を演じるのは花澤香菜さん。報瀬は人見知りの口ベタで、たまに口を開いても憎まれ口と、誤解を受けやすいタイプ。友達もほとんどおらず、学校では変人扱いされていて、「南極」と影であだ名がついている女の子です。

好奇心旺盛で、退屈なことが大嫌いな三宅日向(ミヤケ ヒナタ)を演じるのは井口裕香さん。人懐っこく、背が小さく、誰とでもすぐ仲良くなれる小学生男子のような女の子で、仲間外れが大嫌い。どんどん人の懐に飛び込んで仲良くなっていくタイプです。

そして、キマリたちより一つ下の高校1年生で、北海道在住の白石結月(シライシ ユヅキ)を演じるのは早見沙織さん。結月は、母の方針もあって小さい頃から子役としてメディアに度々出ていたタレント。子供の頃から仕事をしてきたせいか、精神年齢は高め。言葉遣いが丁寧で人当たりも良いが、いつも自分は不幸だと思っているフシがあり、愚痴が多いのが特徴です。

監督を務めるのは、テレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」などのアーティスティックな作品から極上のエンターテインメントまで、様々なジャンルでその才能を発揮するいしづかあつこさん。シリーズ構成・脚本を手掛けるのは、テレビアニメ「ラブライブ!」シリーズなどで知られる花田十輝さんです。

https://webnewtype.com/news/article/127333/

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス