最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

菅田将暉、相思相愛のコンビ愛をアピール 芸人役は「難しいなんてもんじゃない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の菅田将暉が8日、都内で行われた映画『火花』完成披露試写会に桐谷健太、木村文乃、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督と共に登壇した。菅田は、劇中で漫才コンビ「スパークス」を組んだ川谷から「ホンマのコンビみたいで、元のコンビに戻りたくない」と絶賛されると、「修士が突っ込んでくれたら絶対笑いが起きると信じてやりました」と相思相愛だったことを明かしていた。

【関連】映画『火花』完成披露試写会フォトギャラリー

本作は、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹による第153回芥川賞受賞作品を、板尾監督が菅田と桐谷をダブル主演に迎え映画化。芽が出ず伸び悩んでいる若手芸人の徳永(菅田)が、規格外の漫才を見せる先輩芸人・神谷(桐谷)に魅了され、弟子入りすることにより、厳しいお笑いの世界でもがきながらも夢を見つけていく姿を描く。

菅田が生まれた年に芸人デビューしたという川谷。実に20歳以上の年の差があるが、劇中では中学の同級生という設定にもまったく違和感がない。板尾監督は「本当にコンビに見えるでしょ? それは菅田将暉が修士と同級生に見えるように、ものすごくタメ口で上からいっているからなんです。でもそれって菅田くんの礼儀正しさでもあり、俳優としての素晴らしさなんですよ」と絶賛する。

そんな賛辞に菅田は「(芸人役)は難しいなんてもんじゃないけれど『板尾さんがOKを出してくれたらええやん』という思いでやっていました」と語り、20歳以上も離れた川谷に上からタメ口で接したことについて「修士さんから『敬語やめよう』って言っていただいてから6時間ほど一緒に飲んだのですが、すごくいとおしくなって、そこから敬語をやめようと思ったんです」と言及。それ以来、撮影現場でも常に“同級生”としての関係が続いたという。

一方の桐谷も、劇中で三浦と「あほんだら」というコンビを組んだが「彼とは10年ぐらい前に映画で一緒だったことがあったのですが、当時はメッチャ嫌な奴で、台本読んだとき『こいつとコンビの役なのか』と思ったんです。でもメッチャ一緒に練習を重ねていたとき、相方から『桐谷健太の間でやればいいから』と言われて気持ちが楽になった。映画が終わるころにはメッチャいい奴になりました」とこちらも相思相愛のコンビだったことを明かした。

映画『火花』は11月23日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス