最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

菅田将暉、芸人役に本音 桐谷健太は∞ホールで漫才特訓<火花>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【菅田将暉・桐谷健太/モデルプレス=11月8日】映画「火花」(11月23日公開)の完成披露試写会舞台挨拶が8日、都内にて開催され、W主演の菅田将暉と桐谷健太、出演の木村文乃、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督が登壇した。

◆菅田将暉、芸人役は「難しいなんてものじゃない」



お笑い芸人役に挑戦した菅田は、芸人を演じることについて「それはもう難しいなんてものじゃないですよ」と、難役への挑戦だったことを明かした。ただ、「板尾さんがOKを出してくれたら、もうええやんという感じの安心感」があったそう。「僕の横にいる修士さんが突っ込んでくれたら、いかなる状況でも絶対に笑いが起きると信じていたので」とも。

菅田は芸人役を、劇中でのお笑いコンビの相方となる川谷と2人で作っていったそう。「修士さんの方から、『敬語をマジでやめよう』と言ってくださって、その日、6時間くらい2人で飲んだりして」と振り返った。

◆桐谷健太、∞ホールで漫才を特訓



三浦と2人でお笑いコンビ役を演じた桐谷も、「漫才師の役なので、イン前に、相方(=三浦)と代々木公園で2人で練習したり、カラオケに行って練習したり。また、人前でやらないと芸人としての血を通わせられないということで、(劇場の)∞ホールに行ってお客さんがはけたあとに、若手の芸人さんやスタッフさんの前でやったりとか」と述懐。

三浦は「(桐谷は)やりすぎなんですよ、練習を。∞ホールの舞台で漫才をやったあと、若手の構成作家の方にダメ出しをしてもらうって。2人で行って、漫才をけちょんけちょんに言われるという」と桐谷が役作りにストイックに取り組んでいたエピソードをぼやき気味に回顧。桐谷は「すべてを経験して、うける喜びを経験してやっていったのですよ」とこだわりを明かした。

◆ピース又吉の「火花」を映画化



第153回芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品を映画化した同作では、漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年・徳永を菅田が、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を桐谷が演じる。ヒロイン・真樹には木村、さらに徳永と漫才コンビ「スパークス」を組む山下役には川谷、神谷と漫才コンビ「あほんだら」を組む大林役には三浦をキャスティング。本格的な漫才シーンにも注目が集まっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス