最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

全裸写真を売られたシーア、「買うことないわよ、ほら!」と写真公開で好感爆上がり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気シンガーソングライターのシーアが、自身がパパラッチされた全裸写真が売られていることに大激怒し、ツイッターで「みんな無駄遣いしちゃダメ!」と警告して、問題のヌード写真を自ら公開した。今年42歳になるシーアの全裸姿はモデルのように美しいものではないが、ネット上では「すがすがしい決断に脱帽」「リアルな画像がまたいい」「後ろ姿で顔が見えないのがまたシーアっぽくて良い」などと、べた褒めされまくっている。

オーストラリアのアデレードでアート関連の仕事をしていた母とミュージシャンの父との間に生まれたシーアは、音楽があふれる環境に育ち、地元ジャズバンドでの活動を経て22歳の時にロンドンに移住した。バンド「Zero 7」のボーカルとして本格的な音楽活動を開始し、ジャミロクワイのバックアップシンガーなども務め、注目を集めるようになる。25歳でソニーミュージックのサブレーベルとソロアーティストとして契約を結び、リリースしたシングル「Taken for Granted」は全英トップ10にランクイン。翌年リリースしたセカンドアルバムは、交通事故で死亡した恋人にインスパイアされたものだと彼女は明かしている。

転機となったのは、29歳でサードアルバム『Colour the Small One』をリリースした後だ。アルバムからのシングル曲「Breathe Me」が米HBOで放送された葬儀店のドラマ『シックス・フィート・アンダー』の作中で流れたことがきっかけで、アメリカでもカルト的な人気を集めるようになる。手応えを感じたシーアは、30歳でアメリカに移住。36歳の時、デヴィッド・ゲッタの「Titanium」にフィーチャリングされたことで業界から高く評価され、ソングライターとして引っ張りだこになっていく。ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、カーリー・レイ・ジェプセン、セリーヌ・ディオン、マルーン5など、数多くの人気アーティストに楽曲を提供。なかでも「14分で書き上げた」というリアーナの「Diamonds」は世界的な大ヒットとなった。

同時に歌手としても、ようやくブレークの時を迎える。37歳の時にフロー・ライダーとコラボした「Wild Ones」が12年を代表する曲のひとつとなり、39歳でリリースしたソロシングル「シャンデリア」が爆発的ヒット。自身は長い前髪で顔を隠し、天才少女ダンサーのマディー・ジーグラーをMVに起用した手法は大当たりし、世界にその名を轟かせるようになった。

歌手としては遅咲きで、アラフォーで世界的スターとなったシーアに怖いものはない。なんでもかんでも、あけすけにしゃべることで有名だ。

音楽誌「ローリング・ストーン」のインタビューでは、「毎週いろいろなプロデューサーから『このアーティストのために歌詞を書いてくれ』と20~30曲が送られてくる」と前置きした上で、アルバム『This Is Acting』に収録した「Reaper」は、もともとリアーナのためにカニエ・ウェストと共同で手がけたが、最終的に通らなかった曲なのだと語る。「『リアーナが来るから』『カニエが来るから』って言われてセッションに行くんだけど、彼らがいたためしがなかったわ」とサラリと暴露した。

「Cheap Thrills」もリアーナのために作ったが却下されたこと、「Bird Set Free」はもともと映画『ピッチ・パーフェクト2』(15)のために作ったけれど「いらない」と言われ、リアーナとアデルに回しても「いらない」と返された曲だとサラッとぶっちゃけた。

同インタビューでは、ケイティ・ペリーに対して「とにかく支配的で細かく分析しまくる人でね」と苦手意識を丸出しにし、「会って最初の1時間で『悪いけどあなたとは働けない』って帰ろうとしたわ。止められたけど」と激白。ビヨンセについては「彼女のアルバム制作のやり方は、5人のプロデューサーと5人の売れっ子ソングライターをひとつ屋根の下の別々の部屋に住まわせて、それぞれに『今の私はこんな気分で、こんな気分じゃないから』って告げて書かせるの。で、それぞれから提出された曲を、フランケンシュタインが怪物を作るようにつぎはぎして仕上げていくのよ」と、業界トップたちを監禁するビヨンセの女王様っぷりを、これまたサラッと暴露した。

彼女はプライベートな問題も公にしており、かつて別のインタビューでは、10年に交通事故で亡くした恋人の後を追って自殺しようとしたことや、躁うつを繰り返す双極性障害だと診断されてから抗うつ剤や半合成麻薬の強い鎮痛剤に依存するようになり、アルコールにも依存していたことを告白。「そんな壮絶な人生を歩んできたなんて」と世間を驚かせた。

シーアとしてパフォーマンスする際には頑なに顔を見せないが、隠さずに活動していた期間の方が長いため、素顔を撮影されたとしても、実は彼女自身は気にしていない。ソングライターとしてアーティストたちからはリスペクトされているし、私生活でも「死ぬか生きるか」の苦しい思いをしてきたので、どんなバッシングをされてもめげることはない。おばちゃんのようにドンと構えた、怖いもの知らずのぶっちゃけアーティストなのだ。

そして今回、そんな肝っ玉が据わったシーアが激怒する、とんでもない“事件”が発生した。素っ裸のシーアをパパラッチした写真が売りに出され、その一部がネット上に流出したのである。

英大手タブロイド紙「デイリー・メール」によると、シーアの恥ずかしい写真が流出したのは7日。すぐ本人の知るところとなったのだが、彼女はすぐさまツイッターを開き、「私のすっぽんぽん写真を、私のファンに売りつけようとしている、とんでもない輩がいるそうよ。みんな、無駄遣いなんてしちゃダメ。タダで見せてあげるわ、はいどうぞ! 毎日がクリスマスだもんね!」というツイートと共に「顧客用プレビュー」という文字がかぶさった全裸女性の後ろ姿の写真を投稿した。


 写真には「ご購入頂けたら、鮮明な画像をお送りします。さらに14枚の追加画像をお送りいたします」という「とんでもない輩」の説明文が記されており、パパラッチが大金目当てに売りに出しているのがわかる。

このツイートにツイッター民は大喜びし、「よくやった!」「最高!」と大絶賛。「ぶよぶよしたおしりが熟女って感じでリアル」「結構巨尻でグッとくる」「顔が見えないのがまたシーアっぽくていい」と喜びに満ちた声が飛び交い、お祭り騒ぎとなっている。

ちなみにシーアは13年にも、パパラッチされたトップから乳首が透けている写真を「私史上最高の写真」という嫌みと共にツイッターに投稿。これで、おっぱいもおしりもパパラッチされたということになる。

多くの女性セレブたちは、プライベートですっぽんぽんになっている写真をパパラッチされると当然「訴える!」と大騒ぎするが、シーアは自ら写真を公開することで牽制した。この「それがどうしたっていうのよ! そんなの売るんじゃないわよ! 買うんじゃないわよ!」「見せてあげるわよ! ほら!」という対応が、「神」だと、多くの人を感動させているようだ。

シーアは先月、緑のフェイスマスクをして、右のおっぱいをむき出しにしたバスローブ姿の写真をインスタグラムに投稿したばかり。乳首はバナナの絵文字で隠されているが、アラフォーにしては弾力がありそうな巨乳は、多くの殿方をときめかせた。「1カ月の間に、前も後ろも拝めるなんて」と、ありがたがっている男性ファンも多いことだろう。

ちなみに、今回のシーアのツイートにある「毎日がクリスマスだもんね!」は、クリスマス向けにリリースするアルバム『Everyday is Christmas』にかけたもの。このツイートは必ず話題になると確信し、しっかりと宣伝するところが、また好感が持てる。アーティストとしても、何が起こっても堂々としているその“おばちゃん根性”にも、今後とも期待したい。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス