最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『奥様は、取り扱い注意』モラハラ夫の“胸クソ”設定に「キモい」「最上級のクズ」と非難続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月8日午後10時から第6話が放送される、綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。視聴率は初回11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話11.3%、第3話12.4%、第4話11.2%、第5話14.5%と絶好調だ。

同ドラマは、波瀾万丈でワケありの過去を捨て、閑静な高級住宅街で新婚生活を送っている専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬)が主人公。合コンで一目惚れした夫のIT企業経営者・勇輝(西島秀俊)と穏やかな暮らしを送っていたが、1年とたたないうちに、ご近所の幸せそうに見える主婦たちがさまざまなトラブルを抱えていることに気づく。そんな彼女たちのトラブル解決に菜美が乗り出していくストーリーだ。

第5話では、夫への不満が爆発した菜美と、主婦友の優里(広末涼子)、京子(本田翼)が家出を決行。ラーメンを食べたりクラブに行くなど久々に羽根を伸ばして謳歌する一方、勇輝の元に、優里の夫・啓輔(石黒賢)、京子の夫・渉(中尾明慶)が集い、妻が出ていったことについて話し合う。

勇輝は「自分たちにも責任がある」と主張するものの、啓輔は妻のワガママだと言って、反省の素振りを見せない。しかし、勇輝と話していくうちに啓輔は心を開き、実は自分と妻は、大学の教授とそのゼミ生の関係だったという慣れ染めを話しだす。啓輔は優里を外に出したくないという気持ちから、キャリア志望だった優里の卒業を見計らって、意図的に妊娠させたというのだ。

「この衝撃の設定に、視聴者はドン引き。『シンプルにキモい』『最低男だわ』『心底気持ち悪い』『最上級のクズだね』『なんという胸クソ設定』といった非難の声が続出しています。啓輔は、ただでさえモラハラ気味のキャラクターで嫌われていたので、視聴者の怒りは爆発寸前です」(芸能ライター)

家出から帰ってきた妻たちに対し、勇輝と渉は自分の日ごろの行いを反省したのか、いつもより優しい態度で接する。一方、啓輔は「働きたい」という優里の意見を一方的に却下し、家出前と何も変わることはなかった。

第6話で菜美は、優里、京子とフラワーアレンジメント教室に通い始め、教室で知り合った冴月(酒井美紀)から町の広報誌の取材を申し込まれる。取材当日、菜美が冴月の家へ訪れると、「帰宅が遅れる」との連絡が。そして、言われるがまま先に家へ入ると、なんとリビングに冴月の夫・達郎の死体を発見してしまう。こうして事件の第一発見者と同時に容疑者の1人にもなってしまった菜美は、持ち前の観察力で“真犯人”の目星を付け、自らの手で事件を解決しようとする。

「第5話ラストシーンでは、突如謎の男たちが登場し、その中には玉山鉄二の姿も。この組織にどんな思惑があるのかまだわかりませんが、今後物語はシリアスな方向に進んでいくかもしれません」(同)

視聴率上昇中の『奥様は、取り扱い注意』。新展開は視聴者に受け入れられるのだろうか。注目していきたい。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス