最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

羽生結弦が出演する平昌2018冬季五輪に向けたP&Gの新CM!先行動画が配信開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平昌2018冬季オリンピック大会の応援キャンペーン「ママの公式スポンサー」日本代表アンバサダーに、男子フィギュアスケートの羽生結弦を起用しているP&Gグループのプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン。

オリンピック出場選手とその家族のつながりを感じることで自分の家族やお母さんの大切さに気付いてほしい、という願いを込めてキャンペーンを展開している同社は、羽生結弦の家族や母親への思いがキャンペーンアンバサダーとしてふさわしいことから、ソチ2014冬季オリンピックに引き続き、日本代表アンバサダーに起用している。

そこで今回、11月17日(金)から全国ネットでオンエア開始予定の新CMに先駆けた予告編動画「お母さん、ありがとう。~Behind The Scenes~」を制作。公式YouTubeチャンネルにて既に公開されている【前編】に続き、第2弾の【後編】が11月8日(水)に公開となった。

メイクシーンやインタビューシーンの一部をはじめ、自身が大切にしている思い出のアイテムにクローズアップするなど、第一線で活躍する羽生結弦に最接近した内容が59秒間に凝縮されている【前編】。一方【後編】は、CM撮影の合間に向けられたカメラに“素の表情”をさらけ出すなど、競技では見せることのない「人間・羽生結弦」のオンとオフ両方の素顔を切り取った濃密な内容となっている。本番が始まり、それまでスタッフらと談笑していた穏やかな表情が一変、真剣なまなざしに切り替わるその瞬間は必見だ。

具体的な見どころとしては、本番カメラの回っていないところで見せるおどけた表情をはじめ、子供のころに愛用していたスケート靴を優しく眺める姿、幼少期から憧れを抱いていた“ロシアの皇帝”エフゲニー・プルシェンコからのサプライズメッセージビデオがモニターに映し出され、顔がほころぶ様子など。

また他にも、トレーニングウエアに着替えて氷上ならぬ地上で見せる美しいジャンプや、自身でカメラを手にして少し恥じらいながらもセルフィ―動画を撮影。“YUZU カメラ”に向かってしっかり決めポーズを作る姿など、実に1分49秒にもわたり羽生結弦を堪能することができる。

【前編】を公開したタイミング、11月1~2日のSNSでの反響も大きく、YouTubeの急上昇ランクでは10時間以上にわたってTOP10入りを果たした。

また、Twitterにおける投稿では、「カッコよすぎる」「なんか泣ける(/_;)」「映画のワンシーンのよう☆感動の余韻が残る」といったものから、「胸が熱くなる。新CMの一部で涙溢れるのに全部見たらどうなるのかしら~」など、本編を待ちわびるコメントまでさまざまな投稿であふれかえった。

早く新CM本編を見たいところだが、まずは【後編】動画をチェック。焦らすようなこの憎い演出によるSNSでの反応が楽しみだ。【ウォーカープラス編集部】

https://news.walkerplus.com/article/127080/

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス