最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ゲス記事に踊らされる特定厨たち 『明日の約束』クズマスコミに反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

7日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第4話が放送された。生徒の自死を巡る過激報道とネットの無責任な犯人探しはますます過激化。「さらに闇が深くなりそう」な不吉さで、注目を集めている。

■疑わしきは有罪? 晒される個人情報


(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)がスクールカウンセラーの藍沢日向(井上)に告白した翌日に不可解な死を遂げ、日向がその真相を探っていくという本作。

第4話は、圭吾が所属していたバスケ部の顧問教師の辻(神尾佑)が何者かに襲撃され大怪我を負うシーンから始まる。

圭吾と揉め事を起こしていたと噂されるバスケ部キャプテンの長谷部(金子大地)も、週刊誌に「顔にモザイクをかけた動画」を流された後、ネット上で顔やプロフィールを特定され、個人情報を晒される。

■清々しいほどゲスなセリフ


(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

最後のシーンでは、長谷部が圭吾と揉めていた原因が明らかになるものの、正直今の時点では「圭吾の自殺の原因」とは考えにくい状況だ。

しかし、ネット上ではすでに「いじめの首謀者」として槍玉にあげられており、取り返しのつかない状況に。

情報操作に近い記事を書いた週刊誌記者の小嶋(青柳翔)に責任を問う教師たち。しかし、小嶋はあざ笑うかのようにこう言ってのける。

「デシタルタトゥー、て言葉、ご存じです? 加害者の個人情報が晒されるのは大昔、罪人に入れ墨を入れるのと同じ罪の証です。だけどね、肝心なのはそれをやるのは我々マスコミではなく、一般の人たち、てことです」

■憶測記事で『特定厨』を操るマスコミ


ドラマの中で個人情報を晒された長谷部は「加害者」ではなく「加害者と疑われた」状況。そんな中での、小嶋記者のやり口は下記の通りだ。

「ニュースでは顔にモザイクをかけた動画と憶測記事をばらまき、インターネットの『特定厨』にモザイクをはずさせ、断罪させ、手は汚さず追い込む」

卑劣極まりないやり口だが、ネット上では振り切った「ゲス演技」にハマるという声も。たしかに、「架空の物語の架空の登場人物」として考えるのなら、素晴らしいキャラ立ちっぷりだろう。



他にも、彼の発言に考えさせられる人の姿が。






■ますます濃くなる毒の中毒性


後半では、美人な毒親キャラが定着した感のある圭吾の母親・真紀子役の仲間由紀恵が、人権派弁護士を引き連れ学校に乗り込んでくる。

その一方で、真紀子が圭吾の部屋に監視カメラをつけていたような描写もあり、にじみ出る「毒」はますます濃くなっている状況だ。

また、ツイッターや匿名掲示板では、圭吾の担任教師役・霧島役の及川光博が「あやしい」と言う声もあがっている。



リアルで重い空気の中、今後ますます毒々しい真実が明かされそうな気配の本作。後味の悪いミステリー「イヤミス」を楽しむ感覚で、中毒性のあるドラマだ。

《これまでに配信した『明日の約束』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→いじめ報道で安易な「学校叩き」は危険? 『明日の約束』テーマにネット震撼

(文/しらべぇドラマ班・星子

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス