最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ここさえ磨けば華奢に見える!? 鎖骨ストレッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おばさんに見えるか否か? それは、横顔で決まります。たるんだ二重あご、埋もれた鎖骨はどうしたって、美しい人のイメージではありません。

「守ってあげたい!」永遠のモテテクは華奢な鎖骨にアリ

強い女性が好きな人もいますが、異性問わずモテキャラは「自分がいないと大丈夫かな……」と、華奢な雰囲気を与える人ではないでしょうか。全身で醸し出す華奢な雰囲気でも特に鎖骨、足首、手首といった部位がホッソリしていると、その印象はさらに深まります。

逆にこれらの部位にガッツリお肉がついていると、頼りがいのあるおばちゃんキャラになり、「自分がいなくても大丈夫でしょう!」となります。しかも、見た目のドッシリ感もありますが、実際にそのような人は、冷え、むくみや体重増加に悩んでいる人が多いはずです。

そこで綺麗なあごから鎖骨のラインを手に入れるストレッチをご紹介します。まずは、ストレッチを紹介する前に、綺麗なあごを作るポイントをご紹介しましょう。

■しっかり噛む!

柔らかいものばかり噛んでいませんか? 噛む回数が減ると、あごの筋肉が弱り二重あごの原因になります。

■セルフリンパマッサージを習慣に!
あごの周辺はリンパ管やリンパ節が集中しているので、ガムなどで筋力低下を防止すると同時にリンパマッサージなどでこまめなケアを心がけましょう。

■猫背姿勢を改善!
姿勢によってスマホ顔やオバ顔になることはよく知られていますが、首が前のめりになると、あご周辺の筋肉が低下=二重あごになりやすくなります。

鎖骨美人ストレッチで朝からポジティブ効果を感じて!

このストレッチは、胸を開き呼吸を深め全身の流れを良くします。普段の生活では胸が閉じ、呼吸が浅くなりやすいと言われています。猫背姿勢の改善はもちろん、バストアップや血流がよくなることで美肌効果も得られます。寝起きの習慣にすれば、心身ともに前向きに活動出来るはずです。

動作1
1. 仰向けになり踵、肩を横一列に並べ、背骨をまっすぐに伸ばします。1分間呼吸を繰り返し、全身に酸素を流すイメージで体を目覚めさせましょう。

動作2
2. 親指を重ねるほど両肘を引き寄せます。

動作3
3. そのまま体の下にしまいこみます。(手のひらは床につける) このままでも肩甲骨は背骨に引き寄せられているので、胸は開き呼吸が深まります。(腰痛持ちの人はここまででOK)

動作4
4. ゆっくりと肘で床を押し、胸を天井方向に押し上げ胸を開き1分ほどキープしましょう。腰が痛い人は、キープ時間を調整してください。

次にご紹介するのは、夜にオススメで腰痛にも効果アリ!のストレッチです。

寝る前の習慣にして! 腰痛にも効果あり! 鎖骨美人になるストレッチ

このストレッチは、たるんだあごのラインをキュッと引き締め、細くて長い首に見せる効果もあります。さらにデコルテラインも美しく整えてくれるので、やらなきゃ損!

また、ゆるやかにお腹の深層筋を伸ばし、裏側の腰の血流をよくするので腰痛や便秘の改善にも一役買ってくれます。寝る前の習慣にすれば、一日の疲れが解消され、深い眠りにつけるはずです。

動作1
1. うつ伏せになり肩の真下に肘を置き、前腕を平行にします。息を吸いながら両腕、両肘で床を押しながら、胴体上部を持ち上げて、緩やかな後屈になり5呼吸繰り返しましょう。

動作2
2. 息を吸いながらゆっくりとあごを天井方向に押し上げます。この時、胸は正面に向けたまま、喉を伸ばすイメージで首に負担をかけないように注意してください。

動作3
3.息を吐きながらゆっくりと目線を床に下ろし、あごを胸に近づけます。2~3をゆっくりと5回を目安に動作しましょう。

いかがですか? このストレッチは、ゴロゴロしながら出来るので気軽にトライ出来ると思います。普段の生活でもあごを鍛えて、鎖骨の流れを良くして、横顔美人を目指してみて下さい。
(文:森 和世)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス