最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

岩田剛典は真冬の雪中ロケ「遭難するかと」 石井杏奈は真夏で「ガングロになりました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EXILE TRIBEが所属するLDH JAPANと「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」が共同で制作した6本の短編オムニバス映画「CINEMA FIGHTERS」のプレミア上映会が8日、東京都内で行われ、『SWAN SONG』に主演したプロジェクト「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典、『パラレルワールド』でヒロインを務めたE-girlsの石井杏奈が舞台あいさつに登壇した。

河瀬直美、落合賢ら6人の監督が、それぞれに選んだEXILE TRIBEの楽曲からイメージした脚本を執筆。EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサーを務め、LDH所属のアーティストが出演しバラエティに富んだ6作品が製作された。

落合監督の『SWAN SONG』は大寒波で終焉(しゅうえん)間近の地球が舞台で、撮影は昨冬の新潟で行われた。「寒そうでしたね」と感想を述べた石井に対し、岩田は「マジ寒くて、シャレにならなかったよ。目の高さくらいまで積雪があるし、その中を延々と歩かされたけれど、なかなかカットがかからない。このまま遭難するかと思った」と過酷な撮影を振り返った。さらに、テーブルをソリにして雪の上を滑り下りるシーンでは「命綱はないし、めちゃくちゃスピードが出るのに止まり方も分からない。いやだなあと思いながら、雪にダイブしました。あれは危なかった」と愚痴が止まらない。撮影時に落合監督はスノーモービルで併走していたそうで、「いないから言えるけれど、1回味わってもらいたい」とぶちまけた。

一方の石井は、河瀨監督独特のスタイルである台本のない撮影法に「紙1枚にこういうシーンがあると書いてあるだけで、せりふも全てアドリブでした。すごく勉強になって、私は好きです」と笑顔を見せた。共演の山田孝之とのキスシーンもあったが、常にカメラが回っている状態だったため「リハーサルもないし、いつやるんだろうと無言のやりとりをしていたら、監督が『ちょっとやろうか』って。でも、ちゅうちょなくできました」と照れながら明かした。しかも、岩田とは逆に真夏のロケだったため、「いつ撮っているかも分からないので、日焼け止めが塗れなかったからガングロになりました」と苦笑いと共に告白。岩田は「杏奈ちゃん、キラキラしていたよ」と褒め、「ショートフィルムのいい意味で洗礼を受け、すごく刺激になった。もっともっとショートフィルムの良さを伝えていきたいので、これからのチャレンジにも期待してください」とアピールしていた。

映画は来年1月26日から全国で公開される。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス