最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ビートたけしの名言集「軍団の顔を見れば『こりゃまた汚ね~な』」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「こりゃまた汚ね~な、おい。まるでダム工事の休憩所だな」

以前、たけし軍団がほぼ全員待機する楽屋の前を通りかかった殿は、軍団の顔、いでたちを改めてまじまじと見ると、先の言葉を漏らしたのです。

「こりゃまた汚ね~な」といった言い回しを、殿は実によく使います。

で、その言葉のほこ先は、大抵が軍団に対してです。

その昔、殿、そして軍団の若手6名にて、すっぽんがメインの割烹料理屋に連れていっていただいた時も、どう見ても店の品格とは釣り合わない空気を醸し出しながら座る若手の面々を認めた殿は、注文を取りにきた女将に、

「あの汚い人たちとは関係ありませんので、お会計は別々でお願いします」

と、まずは軽く若手をいじると、こちらにじっくりと視線を向け、

「しかし、お前らが食べると、せっかくのすっぽんが、ミドリ亀にしか見えないよ」

と、全てにおいて場違いである、といった感想を改めて口にしたのです。

が、そんな、何かにつけ汚いと殿からヤユされるたけし軍団を「いい」とおっしゃった方もいました。世界的演出家の、故・蜷川幸雄さんです。蜷川さんは、自身が演出される舞台に、柳憂怜さん、井手らっきょさんといった軍団の面々をたびたび投入されていたのですが、そういったご縁で、以前、殿と蜷川さんが対談をされたことがありました。その時、対談前のあいさつのやり取りの中で、「何だか、いつもうちの若いのがお世話になって。どうもすいません」と、しっかりと殿が蜷川さんに感謝の気持ちを述べると、「たけしさんところの連中って、ホコリっぽくていいんだよね」と、ともすれば、“軍団の汚さが好みである”といった意味の発言を、蜷川さんはさらりとされていました。もちろん、殿はかなり恐縮されていました。そんなやりとりを思い出し、少し前、殿にその話を振ると、

「ホコリって、うちはホコリしかねーだろ。軍団なんて叩けばホコリしか出てこねーだろ!」

と、“あくまで汚い”と言い張る殿なのです。

最後に、殿の口から「汚ね~な」といった言葉が出る時、わたくし、必ず思い出す場面があります。

あれは2010年、NHK大河「龍馬伝」が放送されていた頃、三又又三さんが、かつて舞台で坂本龍馬を演じていたご縁で、出演が決まったのです。が、その役名は「幕末の乞○」。そんな話を三又さんが殿と軍団さんが集まる楽屋でしていると、井手らっきょさんが、「あっ、そう言えば僕も昔、NHKで乞○やったことある」と言い出したのです。すると、今度はダンカンさんも、「あっ、僕もNHKで昔、乞○やりました」と続いたのです。そんな会話を黙って聞いていた殿は、

「何だ、お前ら、さっきから乞○乞○って。うちは乞○専門の集団か!」

と、ここぞとばかりに強いツッコミを、満を持して炸裂させたのでした。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス