最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

臼田あさ美と堀北真希の新婚生活がそっくり? 「交際0日婚は上手くいく説」浮上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月4日に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に臼田あさ美(33)が出演。今年1月に結婚したロックバンド「OKAMOTO'S」のドラマー・オカモトレイジ(26)との馴れ初めを語っていた。

2人の出会いは7年前で、臼田が担当してた音楽番組に「OKAMOTO'S」がデビューのタイミングでゲスト出演したことがきっかけ。その後、共通の友人を介してグループで遊ぶことはあったが、2人きりで遊んだことは一度もなく、7年間友達のままだったという。

そんなある時、レイジから「2人で遊ぼ」とメールが来たことで一変。臼田は、違和感や気持ち悪さで「無理無理無理、気まずい気まずい」と返し、レイジから「冗談」と返ってきたそう。そして後日、今度は「カレーの美味しいお店があるから、ランチしよう」との誘いがあり、ランチなら良いかなと行ってみたところ、いつも通りに会話が盛り上がり、次にみんなで会った時も気まずさを感じることもなかったらしい。

すると、次にグループで遊んだ時の帰り、2人きりになったタイミングでレイジが突如「結婚したいです」とプロポーズしたというのだ。臼田は「考えてさせていただきます」とその場では答えを出さずに一度持ち帰り、後日「あの件ですけど、私も考えましたが、いいと思います」と承諾。初めて2人で会ったカレーランチからわずか1カ月の出来事だったという。

決め手は「いつも楽しいし、心身ともに健康だからいいかなと思いました。自分が疲れている時に会ってもそんなに頑張らなくてもいいし、その人の悩みに引っ張られることもないし、カラっとした元気な人だから」とのこと。

同番組では、結婚生活は家事を上手に分業していると語っていたが、『Numero TOKYO』のインタビューではさらに細かに結婚生活について回答。オフの日などはお互い自分のペースで動き、それぞれが自分の仕事をするなど個々の生活を尊重しているという。生活の変化については「今でも家に帰ると『人がいる』と思います。やっぱり、ただいまとかおかえりとか言うんだな、と。私が忙しい時は家事をしてくれるので、生活面では支え合ってるなと思います」と答えた。

“交際0日婚”の代表格・堀北真希(29)は入籍直後に答えた『ZIP!』(日本テレビ系)のインタビューで、「無理にペースを合わせて生活していないので、結婚後もあまり変化がない」と臼田と同じようなコメントをしている。

鈴木おさむ(45)と森三中・大島美幸(27)夫婦も“交際0日婚”だが、当初は夫とお手伝いさんという関係で、大島は自分のマンションに帰宅する生活を3カ月間続けていたのだとか。そもそも大島は、結婚時に鈴木のことをあまり知らず、相方の黒沢かずこ(39)と村上知子(37)も「辛そうだった」と漏らしている。しかし、今現在はおしどり夫婦として知られ、結婚から15年が経過した。

“交際0日婚”夫婦は、結婚自体に「一生に一度の~」「運命の~」といった過剰な憧れや理想を抱くことなく、わりと淡白に捉えている人が多い印象だ。交際0日で結婚したから結婚生活が上手くいくのではなくて、結婚に対する理想が高すぎず、結婚を生活の延長として受け止めているから肩の力が抜けて見えるのかもしれない。パートナーに過度の期待や理想を投影しすぎれば自ずと不満がたまる。どのような夫婦であっても永遠に破綻しないなどという保障はなく、かつての「お見合い婚」もある意味、交際0日婚だ。が、それは当人同士の自由な取り決めで結婚の契約をしたものとは限らなかった。共に生活する上でシンプルな状態でいられることこそが、結婚生活におけるひとつの重要なポイントだろう。

(ボンゾ)

外部リンク(messy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス