最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

i☆Ris“リアルデビュー5周年”ライブでシングル曲連発、全力疾走で6年目へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
声優アイドルユニット・i☆Risの5周年ライブ「i☆Ris 5th Anniversary Live~Go~」が、11月7日、府中の森芸術劇場 どりーむホールで開催されました。前日にはファン投票上位の楽曲を中心にしたデビュー日前夜祭を行なった彼女たち。「リアルデビュー日」(山北早紀さん)となるこの日は、5年前の2012年11月7日に発売されたデビューシングル「Color」を皮切りに、全シングル曲を披露するスペシャルかつエネルギッシュなセットを展開しました。

最初のMCでは、5周年記念ということでi☆Ris恒例の挨拶も5年前のように初々しく行なうことに。山北さんが「Color」発売時に行なっていたキャンペーンガールのようなポーズを取れば、茜屋日海夏さんのロリ声での挨拶には他メンバーから「そんなんじゃなかったよ!」「誰!?」と総ツッコミ。今や男装もするボーイッシュキャラの澁谷梓希さんもかわいらしい声で挨拶し、爆笑を誘います。

また記念公演ということでメンバーの親族も多かったのか、2階からは芹澤優さんの姪による声援も。4歳になるという少女の声を聞きつけ、芹澤さんが満面の笑みで手を振り返すという心温まる場面も見られました。

歴代シングルの表題曲を中心にしながら、2016年6月1日の12thシングル「Ready Smile!!」発売以来、披露されたことのなかったカップリング曲「trust」なども歌われた今回のライブ。最新アルバムの表題曲「WONDERFUL PALETTE」を歌う際には、レコーディング時に若井友希さんが「お疲れ様」のメッセージとともに食べ残したご飯をおにぎりにして置いておいたものの、メンバーの誰もそれを食べなかったという珍エピソードも語られます。

そんな“おにぎり事件”が生まれた「WONDERFUL PALETTE」からラストスパートが開始。「ミラクル☆パラダイス」「Realize!」「Goin'on」とテレビアニメ「プリパラ」のきらびやかな楽曲が続き、本編ラストを飾ったのはデビュー1周年記念シングル「幻想曲WONDERLAND」。久保田未夢さんが最後の台詞部分で「どうだ、5年で成長したi☆Ris、すごいだろ!」と誇らしげに語ったとおり、デビューからの歩みと成長を体現したパフォーマンスで本編を終えます。

アッパーチューン揃いのセットを乗り越えたメンバーを労うかのように、「Fanfare」で始まったアンコールは祝福ムードに。MC中にi☆Ris5周年を祝うケーキが登場し観客から「ハッピーバースデートゥーユー」が歌われると、その返礼とばかりにメンバーは最新情報を発表。「アイドルタイムプリパラ」第4クールオープニングテーマとなる15thシングルの発売、2018年春の全国7都市を巡るツアー「i☆Ris 4th Live Tour 2018~WONDERFUL PALETTE~」の開催が明かされ、会場はファンの大歓声に包まれます。

作詞作曲を担当した若井さんが「i☆Risをひと言で表すと?」という問いへの答えをタイトルにしたと語ったバラード「パズル」を挟み、披露されたラストナンバーは楽曲人気投票で2位となった「Happy New World☆」。i☆Risにとって6年目が“新たな時代”となることを予感させるかのような盛り上がりのなか、記念すべき5周年ライブは幕を下ろしました。

「i☆Ris 5th Anniversary Live~Go~」セットリスト

M01.Color

M02.§Rainbow

M03.Make it!

M04.ドリームパレード

M05.徒太陽

M06.ブライトファンタジー

M07.Re:call

M08.trust

M09.イチズ

M10.Shining Star

M11.Daily Berry!!

M12.Ready Smile!!

M13.WONDERFUL PALETTE

M14.ミラクル☆パラダイス

M15.Realize!

M16.Goin'on

M17.幻想曲WONDERLAND

En1.Fanfare

En2.パズル

En3.Happy New World☆

https://webnewtype.com/report/article/127287/

外部リンク(WebNewtype)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス