最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーの「10ベストカー」が選出。今年を代表する10台の顔ぶれは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月8日、「2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の「10ベストカー」の10台が選出されました。この10台の中から「イヤーカー」をはじめ、「インポート」、「イノベーション部門賞」、「エモーショナル部門賞」、「スモールモビリティ部門賞」、「実行委員会特別賞」の各賞が選出されます。

イヤーカーなどの決定は、11月30日~12月2日の間に自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員による最終選考の投票が行われます。今年度は12月11日(月)に最終選考会が行われ、第 38 回目となる「2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」のイヤーカーが決定されることになります。10台は下記のとおりです。
  • スズキ・スイフトシリーズ
  • トヨタ・カムリ
  • レクサスLC
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム
  • マツダCX-5
  • アルファロメオ ジュリア
  • BMW 5 シリーズセダン/ツーリング
  • シトロエン C3
  • ボルボ XC60
  • フォルクスワーゲン ティグアン


なお、昨年度の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、SUBARUインプレッサ(スポーツ/G4)、「インポートカー」はアウディA4シリーズ(セダン/アバント/オールロードクワトロ)、「イノベーション部門賞」は日産セレナ、「エモーショナル部門賞」はBMW M2クーペ、「スモールモビリティ部門賞」はダイハツ・ムーヴ キャンパス、「実行委員会特別賞」はホンダNSXが受賞しています。

(塚田勝弘)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス