最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『監獄のお姫さま』満島ひかりが突如キャラ変! 合コン姿にネット衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©sirabee.com

7日、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』第4話が放送された。

「姫」こと江戸川しのぶ(夏帆)に妊娠が発覚する一方で、女囚たちの意外な過去や、「先生」こと若井ふたば(満島ひかり)の衝撃の合コン姿に反響が寄せられている。

■「姫」の妊娠を伝えられない馬場カヨ


ひとり、しのぶの妊娠に気づいた馬場カヨ(小泉)。なんとかふたばに伝えようとするが、タイミングがなかなか見つからない。

そんなこんなしているうちに、しのぶは腹痛で倒れてしまう。妊娠を知ったふたばはカヨになんで言わなかったと詰め寄る。それに対し、何度も言おうとしたと主張するカヨだったが、

「何か言いたいのはわかるけど、何が言いたいのかわかんないのよ!」

と一喝したのだった。なんと「おばさん」という生き物を端的に表現した言葉だろうか。

■財テク、姐御に驚きの過去


©sirabee.com

妊娠発覚の一方で、「姐御」こと足立明美(森下愛子)や「財テク」こと勝田千夏(菅野美穂)にも意外な過去が明らかになる。

「姐御」はもともと反社会組織の男(高田純次)の妻だったが、彼が薬物の売買に手を出し、罪を着せられる形で入所。「必ず迎えに来る」と言いつつ、離婚させられる。

「財テク」は小さな会社を営む父親のもとに生まれたが、その父は事業で失敗し雲隠れ。しかし、彼女が経済アナリストとして成功すると擦り寄ってきて、彼女の会社の役員におさまる。しかもそれだけでなく、脱税をおかして「財テク」が代わりに責任を取ることになることに。

つまりふたりとも、男の犯した罪をかぶる形で入所していたのだ。

■まさかの合コンにネット民衝撃


今まで以上に見どころたくさんだった第4話。その中でも、ネット民がもっとも衝撃を受けたのが「先生」の合コンシーンだろう。後輩の刑務官を連れて行った先で、

「(仕事は? と聞かれて)うちは国家公務員~」

「3年くらいでさっさと辞めて、結婚しないと」

などと発言。男の肩に頭を載せる様子は、鬼刑務官とは真逆だ。このキャラ変にネット上では……







と衝撃を受けるとともに、満島のかわいさに悶絶する声が広がっている。

■「ざんげ体操第二」の続きがヤバすぎる


一方、当サイトでもすでに取り上げた「ざんげ体操第二」に続きがあったことも今回判明。書き起こすと……

200万ふりこんだ~

放火、置き引き、美人局(つつもたせ)~

ハイ男が悪い~ ハイ男が悪い~

ついカッとなって~

ハイ女も悪い~ 女も悪い~

桃栗三年詐欺十年~

だるまさんがころんだ~

という感じ。さすがクドカン! と言いたくなるようなぶっ飛び具合である。

■「昼ごはんの歌」になぜか泣いてしまう…


しかし、そんなおふざけが後で効いてくるのが、宮藤が名脚本家たる所以のひとつ。

姫が産気づき、外部の病院へ運ばれていく際、カヨたちは「昼ごはんの歌」を歌う。刑務所で昼食時に流れるおバカな歌なのだが、「イェイイェイ 離れていても イェイイェイ 心はひとつ」などの歌詞が登場人物たちの心境と見事にマッチ。視聴者の涙を誘うことになった。

一度、笑いどころとして見せていたネタだからこそ、泣かせるポイントでの使用にグッときたのだろう。






■「先生」もクズ男に傷つけられる?


クズ男vs女たちという構図がはっきりしてきた『監獄のお姫さま』。しかし、その中にあってふたばは今のところ男に結構媚びている感じ。安定を重視しつつ、「結婚」を口にする姿はなんとも若い女子らしい。

今後、彼女もクズ男の洗礼を受けることになるのだろうか。合コンシーンが伏線として効いてきそうな気がしてならない。

《これまでに配信した『監獄のお姫さま』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『監獄のお姫さま』洗脳がとけて…夏帆の迫真演技がスゴすぎる

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 イラスト/ミキシマ

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス