最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

釣った魚に餌をやらなくなるのが、早すぎなんですが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「釣った魚に餌をやらない」。交際後に態度の変わる男性の様子をこう表現します。そして、その餌をやらなくなる時期というのが、個人で変わり、遅い人もいれば早い人もいます。

個人差といえばそれまでなんですが、なぜそこまで差が出るのでしょう?



■ 飽きっぽい性格

彼が飽きっぽく、付き合い始めた時点でもう冷め始めている。彼からのアプローチ期間が長い場合も、彼自身が飽きてしまいます。

また、全くアプローチしなくてもよかった場合。身体の関係から始まると早く飽きてしまいます。
身体=男へのご褒美。ご褒美をやすやすと手に入れ、今後も苦労せずに楽しめることができるなら努力もしない、飽きるのも早い。そんな図式が出来上がってしまいますよね。

■ 察しのいい性格

察しのいいというのは「見抜くのが早い」ということ。
  • この恋はつまらない
  • 努力しても仕方ない(餌をやっても喜ばない女)
  • この彼女に餌をやる価値はない(餌をやる価値がない=いい女ではなかった)

を見抜いてしまうのです。察しのいい性格の男性は数少なく、ほとんどは鈍感な男性なので、このパターンはあまりないかもしれません。

■ 疲れてしまった

付き合うまでが彼の全力なので、付き合ったらもう持続しない。男性は努力をしたり、結果を出す作業を頑張ることを楽しいと感じるそうです。
好きな女ならなおさら楽しい。でも、頑張りすぎて完全燃焼してしまう、なんてこともあります。

■ 安心している

「彼女に“女の部分”がなくなった」のなら、がっかりすると同時に安心はするでしょう。他の男の心配がないからです。
「手に入って安心したからもう餌をやらない」は寂しいですが、男のほとんどはこういった考えかもしれません。
しかし、女の部分を失っていない、まだまだ魅力的な彼女には餌はやるでしょう。ふらふらっとどこかに行ってしまいそうな危うい女性にも餌はやると思います。
加減は必要ですが、彼を安心させなければいい、ということですね。

■ 餌をやらなくなる大きな理由

付き合ってすぐさめる。餌をやらなくなる大きな理由は
お付き合いがゴール。ゲームセット。満足した……が大きな理由。女性はこれからだと考え、男性は「もう頑張ったから休みたい」と考える。この落差は男女の差なので仕方ありません。

安心ならいい理由です。長続きするためには「安心」はとても大切です。「でもまだ餌をもらいたい!」そんなワガママを通すには女の部分と、「まだあなたに落ちてませんよ」な雰囲気を出すのが得策。
そして、餌をあげれば彼女が喜ぶ、彼自身もうれしい!を学習させることです。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス