最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

皇后美智子さまの“覚悟”を解説『教えてもらう前と後』全国各地で10%超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月7日に放送されたバラエティ番組『教えてもらう前と後』(MBS/TBS系ネット、毎週火曜20:00~)の番組平均視聴率が、関東地区10.3%、関西地区10.8%を獲得したことがわかった。

滝川クリステルがメインMCを務める同番組は、「教えてもらった前と後で、見る目が変わります!」を合言葉に、毎回様々な分野の特別講師が登場し、独自の視点で選んだ「そのジャンルの決定的瞬間」を解説。教えてもらう前と後でガラリと見方が変わるという“知のビフォーアフター”を体感できる知的教養エンターテインメント番組だ。

今回のテーマは「皇室の強い女性たち」。秋篠宮家と親交の深い皇室ジャーナリスト・高清水有子さんが登場し、女性皇族の決定的瞬間を収めた写真から、皇室に生きる強い女性たちの姿に迫った。2012年の東日本大震災追悼式に出席された天皇皇后両陛下の様子から、美智子さまが草履をお履きになって出席した理由を「何かあった時に陛下を守るため」と解説。美智子さまの履き物に隠された強い覚悟に、ネット上では「皇后さま、本当に素晴らしい!」「こんな日本に生まれてよかった」と話題になった。

また、美智子さまが立たれているキッチンから見える“皇室の食”や、秋篠宮家が愛されたメニューがカレーであったこと、眞子さまがご婚約内定会見に向かわれる車中から見える“皇居の秘密”などが続々と紹介されたほか、皇室の食材をつくる専用牧場“御料牧場”に潜入取材を行った。スタジオでは、秋篠宮家で愛されたレシピを再現。小さな子どもでも食べられるよう配慮された味に出演者一同は感動。さらに、滝川、博多華丸・大吉が皇居ロケを行う様子も放送された。

関東・関西以外の地域でも、名古屋地区10.8%、札幌地区12.1%、広島地区14.0%を記録。全11地区中10地区で2ケタの視聴率を打ち出した。

11月14日の放送では、「北朝鮮」をテーマに、池上彰と北朝鮮を何度も訪れているアントニオ猪木が緊急対談を行う。そんな中、日本に対する恐ろしい計画も明らかになる。

(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ)

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス