最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「『72時間ホンネテレビ』の舞台裏」特集でわかったAbemaTVと地上波テレビの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
総視聴者数7400万超え、トレンド世界一など、さまざまな記録を打ち立てつつ、人々の記憶に残る名シーンをたくさんつくりあげて大成功を収めた『72時間ホンネテレビ』。元SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾の3人が出演したインターネットテレビ局、AbemaTVの特別プログラムだ。

ネットにはすでに数多くの検証記事が出ているが、11月6日発売の『AERA』(朝日新聞出版)には「『72時間ホンネテレビ』の舞台裏」と題された特集記事が掲載された。AbemaTV社長の藤田晋氏(サイバーエージェント社長と兼務)へのインタビューとともに、同番組がどのようなコンセプトで制作されたかが明らかにされている。


「『しがらみ』や『忖度』を突破すれば鮮やかな仕事ができる」
『72時間ホンネテレビ』が発表されたのは9月24日だったが、3人に番組出演オファーを行ったのはジャニーズ事務所退所直後の9月上旬のこと。藤田氏自ら直接交渉に乗り出した。まだ番組の企画書もなかったが、とにかくスピードと本気度を重視した。最初に会いに来たということもあってか、そこから先はすんなり決まったという。

番組のコンセプトは「これまで一切インターネットに出ていなかった3人がネットで本音を語る」。これだけ。だが、実現するのは難しいと思う人が圧倒的多数だろう。だが、勝手に周囲が気遣いしたり、何かを恐れたりして腫れ物に触るような空気があるときこそ、チャンスだと藤田氏は語る。

「僕はこういう『しがらみ』や『忖度』というものに、非常に強い疑いを持っている。そこを正面突破すれば、鮮やかな仕事ができると思ったんです」(藤田氏)

このようなマインドを持てば、あんなすごい別荘が持てるようになるのかもしれない……。秘密主義も徹底した。「誰にも止められたくない」から番組の正式発表まで企画の存在を知っていたのは藤田氏以外に2、3人のみだった。


『72時間ホンネテレビ』はリアリティーショー
生放送の5日前に取材を受けた編成制作本部制作局長の谷口達彦氏は、「あと5日だなんて信じられないくらい内容が固まっていない」と苦笑いを浮かべたという。だが、それも狙いだったかもしれない。谷口氏は番組の方向性を次のように語っている。「彼らが描く『新しい地図』を、日本中のみんなが、SNSを介して関わったり一緒に勉強したりして見守る、リアリティーショーのようなイメージです」。

リアリティーショーなら余計な作り込みは不要。地上波テレビに比べて明らかにダラダラしていたり、グダグダしていたりしていたゆるい作りの中で、出演者たちの素の表情=「本音」が見えれば成功だったのだろう。

「丸く丸く」の地上波と「尖った」AbemaTV
『72時間ホンネテレビ』にも出演したカンニング竹山が、TBSラジオ『たまむすび』で同番組について語って内容を補助線にすると、よりわかりやすい。

同番組について竹山は「(多くの人が)望んでいたテレビをやっていた」と分析している。一方、地上波テレビはスポンサーや各方面(主に芸能事務所)に気を遣い、揉めごとが起こらないように「丸く丸くやってきた」。その結果、「テレビは面白くない」と言われるようになってしまった。「我々タレントも製作もみんな悩んでいる時期に、俺は(同番組が)扉を開いちゃった気がするんだよね」(竹山)。

AbemaTVが目指しているのは、「丸く丸く」の真逆の「尖った」コンテンツだ。「トンガリスト会議」という名の企画会議からは『亀田興毅に勝ったら1000万円』や『藤井聡太四段 炎の七番勝負』などの番組が生まれた。藤田氏によると「尖っている」の定義は「それを見るためにわざわざAbemaTVをつけたくなる企画」のこと。まさに『72時間ホンネテレビ』は尖った企画だったわけだ。「しがらみ」や「忖度」をなくすことで、尖った企画=視聴者が望んでいる企画は実現できる。

『72時間テレビ』DVD化!?
同番組はAbemaTVの認知を広げるという重要な役目を担っていた。AbemaTVの視聴者は10代から20代が中心。筆者がSNSで見かけた情報によると、とある大学講師が受け持つ授業の学生60人のうち、8割以上がAbemaTVの視聴者だったという。もっと30代、40代への認知を増やしたいと考えたとき、SMAP以上にうってつけの人材はいない。スマホアプリだけでなく、パソコンやテレビで視聴する方法を3人が解説する動画の配信も行った。

先述の谷口氏によると、72時間見続けられなかった人のためにDVD化も検討されているという。3人が歌った番組テーマソング「72」の配信も待たれている。いずれ「しがらみ」や「忖度」を超えたところで実現するに違いない。

(大山くまお)

外部リンク(エキレビ!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス