最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

黒柳徹子、疎開中の写真を公開 “セーラー服”の思い出語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントの黒柳徹子が7日、自身のInstargamを更新。戦時中青森に疎開していた際の写真を公開し、反響を呼んでいる。

この写真は、戦争中に青森県三戸郡という所に、疎開していた時の私です。 お昼のドラマ「トットちゃん!」では、ちょうど、先週放送していた頃ぐらいです。 この写真を見て、「かわいそうに、随分緊張して暮らしていたんだね」と、言ってくれた人がいました。 夜になると、空襲や爆撃のある東京から逃れて、知り合いを訪ねて、青森に疎開。 父は、出征して兵隊になり、どこに行ったのかも、分かりませんでした。 確かに、私は、緊張して生活していたのかもしれませんね。 このセーラー服は、従姉妹から貰った、私の一張羅でした。 それまでは、横分けの髪に大きいリボン。母の手作りのかわいい洋服。そして、白いハイソックスに、黒いエナメルの靴。 お洒落をするのが、大好きでした。 そういう格好から、戦争になると、東京から持っていった洋服も、ボロボロになってしまい、足は、どんどん大きくなって、お気に入りの靴は入らなくなりました。 従姉妹に貰った、このセーラー服にモンペのズボン、そして、下駄というのが、私の唯一のよそゆきでした。

A post shared by Tetsuko Kuroyanagi (@tetsukokuroyanagi) on

 同日、黒柳は「この写真は、戦争中に青森県三戸郡という所に、疎開していた時の私です。」とし、セーラー服に身を包んだ少女時代の写真を公開。幼少期からお洒落が大好きだったという黒柳だが、戦時中は「従姉妹に貰った、このセーラー服にモンペのズボン、そして、下駄というのが、私の唯一のよそゆきでした。」と当時の服装について振り返る。

また当時、父親が出征し兵隊となっていたため「どこに行ったのかも、分かりませんでした。」「私は、緊張して生活していたのかもしれませんね。」と、少女時代を語った黒柳。これを見たファンからは「この時代に、改めて徹子さんの戦争体験がみなに伝わること、とても意味があったと思います。」「戦争という背景の中お母様はたくましく徹子さんをお育てになったのですね。素晴らしいです。」「トットちゃん!面白いです!素敵で逞しいお母様!」「徹子さんの眼力、強さを感じます!」などと、様々な反響が寄せられている。

現在放送中のドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系列)では、今回の投稿で明かされた戦時中のエピソードをはじめ、戦後の激動を乗り越え、テレビの世界に飛び込んでいく黒柳の半生が描かれている。また、“トットちゃん”とは、幼い頃、まだ自分の名前がうまく言えなかったときに、“トット”と言い続けていたことに由来している。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス