最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

<ライブレポート>音と光と雨による、andropの日比谷野外大音楽堂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年10月28日、東京・日比谷野外大音楽堂にてandropの初となる野外ワンマン・ライブが開催された。この日、夜の日比谷公園に現れたのは、悪天候までも味方につけた光と音の大スペクタクルだ。そこには、2016年の自主レーベル<image world>設立以降、より一層に変化と進化を探求し続けてきたandropの今のモードが鮮烈に映し出されていた。

台風の接近により絶え間なく雨が降りしきる中、ショーは美しいインストゥルメンタル・ナンバーと共に開幕。“突然の雨に降られても”なんてフレーズがドンピシャな「BGM」に始まり、内省的な佇まいとポジティブなメロディーが絶妙に同居する「Nam(a)e」や「Youth」と、ゆるやかに、しかし着実に壮大なムードを形成していく。本公演ではこのように、オール・タイム・ベストな選曲がそれぞれのチャプターを構成していくことになる。ミドルテンポな楽曲群が集まった冒頭は、物語のプロローグ的セクションとしてオーディエンスの期待感を高め、疾走感溢れる「Ryusei」をきっかけに、中盤へと加速を始めていく。

andropといえば、照明や映像を巧みに取り入れたライブ演出に定評があるが、今回は初の野外ライブということで、野外ならではの光と映像の演出が目玉の一つであった。「Melody Line」では客席エリアの至る所に設置された白いバルーンライトが虹色に輝き、会場をカラフルに彩る。続く「Kaonashi」以降はステージのみならず、左右に生い茂る木々までがスクリーンと化し、ディテールまで作り込まれた映像が眼前いっぱいに広がる形となった。序盤のアブストラクトなサウンド・スケープも徐々に具体性を帯び、ギター・ロックからエレクトロ・ポップ、アンビエントやシューゲイザーなど、その音楽に内在する様々なエレメンツが顔を覗かせ始めたのもこの辺りだ。

僥倖と呼ぶべきは、あいにくの雨模様も結果的に演出の一助となっていたこと。空気中に漂う水滴は幻想的な光の屈折を生み、会場を覆い続ける雨粒は光と音の世界を密閉し、より深い没入感をもたらしたのだ。一方で、ライブ中盤に足が疲れてくることを自分の体験として語った内澤崇仁によれば、「せっかくだったら座ってもらおうと思ってたんだけど、椅子がびしょびしょ…」と、雨天により頓挫してしまった計画があったらしいことも付け加えておく。

澄んだ歌声を「Rising Star」「Astra Nova」「Human Factor」で夜空に響かせた内澤は、客席の中央に用意されたセンター・ステージに移動。MCで饒舌に言葉を発するタイプでもない彼は「こういうキャラじゃない」としつつも、360度を見回し、手を振りながら貴重な距離感を楽しんでいる様子だった。そんな中、アコースティック・ギターの弾き語りで披露されたのは、9月に配信リリースされたばかりの最新曲「Tokei」。先程までカラフルに輝いていたバルーンライトの色味もあたたかなものへと変わり、内澤が向かい合う形となったステージには、巨大な振り子の映像が投射されていた。そんなしっとりとフレンドリーな空気感をそのまま汲み取るように、サポート・メンバー吹野クワガタによるハモンドオルガンの音色が奏でられると、「久しぶりの曲」として紹介された「Songs」を披露。ライブはいよいよラスト・スパートへと向かっていく。

終盤戦は定番のキラー・チューンが目白押しだった。伊藤彬彦の大地を力強く踏み鳴らすようなドラミングから、内澤が「みんなまだまだ元気ありますか?」と投げかければ、佐藤拓也の高らかなギター・フレーズが鳴り出し「Prism」へ。そして勢いそのままに「Run」「Voice」「Yeah! Yeah! Yeah!」と、半ばチカラ業でカタルシスへと引っ張り上げる本編ラストの展開は、まさしく起承転結の“転”にあたるクライマックス部分として、これ以上ない一体感を生み出したのだった。

盛大なシングアロングとクラップに包まれたラスト・スパートで一度幕を下ろしたショーは、再び巻き起こったオーディエンスの合唱によりアンコール・パートへと突入する。ここでステージに招かれたのは、間もなくメジャー・デビューを控える1MC1DJユニット、Creepy Nutsだ。しかし、姿を現したのはMCのR-指定のみ。DJ松永はというと、まさかの風邪でお休みだという。ある意味Creepy Nutsらしいオチで会場の笑いを誘ったところで、今夏リリースされたコラボ曲「SOS! feat. Creepy Nuts」を披露。予想外の交わりだからこそ生まれた、ニヒリズム&ユーモア全開のサマー・チューンだが、ライブ仕様として用意されていたDJ松永のスクラッチ・パートを“DJ内澤”のピック・スクラッチで代替するという荒業も飛び出す。

続いて披露されたのは、未解禁の新曲「Joker」。来年公開が予定されている映画『伊藤くん A to E』の主題歌であり、1月10日にリリースされるニュー・シングルの表題曲となる。andropのダークな世界観がフィジカライズされた重厚なサウンドが印象的で、Creepy Nutsとのコラボに続き、こちらもまた彼らの新境地を感じさせるものだった。

正真正銘ラストを締めくくったのは、「Image Word」。andropの4人が初めてスタジオで合わせたという楽曲である。貪欲なまでに未知への挑戦を続けるandropが、普段とは異なる実験的環境、様々な趣向が凝らされた本公演で鳴らしたはじまりの曲からは、その歩を止めない思い、いつまでも気高くであり続けるミュージシャン・シップがより一層強く感じられたのだった。

Photo by 橋本 塁(SOUND SHOOTER) / 西槇 太一 / 上山 陽介
Text by Takuto Ueda

◎公演情報
【androp one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂】
日程:2017年10月28日(土)
場所:東京・日比谷野外大音楽堂

◎リリース情報
androp
New Single『Joker』
2018/01/10 RELEASE
<初回限定盤 [CD+DVD]>
UPCH-7365 / 2,484円(tax in.)
<通常盤 [CDのみ]>
UPCH-5926 / 1,296円(tax in.)

◎リリース情報
androp
DVD/Blu-ray『one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』
2018/01/10 RELEASE
<DVD>
UPBH-1456 / 5,184円(tax in.)
<Blu-ray>
UPXH-1063 / 6,264円(tax in.)

◎公演情報
【androp Live at Billboard Live】
<ビルボードライブ大阪>
2017年12月5日(火)
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:30 / 開演 21:30
(※2ndは「androp member page」向け限定イベント)

<ビルボードライブ東京>
2017年12月11日(月)
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:30 / 開演 21:30
(※2ndは「androp member page」向け限定イベント)


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス