最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

いつも見えないところで頑張っている“あなた”のための歌「タイトルコールを見ていた/忘れらんねえよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイナビCMソングでもおなじみ「マイナビバイトの歌」や“童貞偽装事件”の謝罪MV話題となった「ばかばっか」などが有名だろう。また楽曲だけではなく、斬新なミュージックビデオや、踊り狂うようなライブシーンにおいても注目を集めている。

そんななか、優しく背中をおしてくれるような隠れた名曲がメジャー1stミニアルバム「あの娘のメルアド予想する」に収録されている「タイトルコールを見ていた」である。

“誰だって間違っていない”ということは分かっていても、自分ばかりが世間からのけ者にされていつまでたっても報われないような気がしてしまう。そんな時に聴いてほしい一曲だ。

忘れらんねえよの「タイトルコールを見ていた」





さわやかな裏打ちとPOPなメロディーから始まる。それとは裏腹になんとも不器用でかっこわるいと思われる歌詞だろう。流行のラーメン屋にならんでいる人を見下してしまうほど、ひねくれている自分。

しかし、ひとりで富士そばに入ってもお金が足らないほど情けないのが現実だ。短い言葉でありながらも劣等感に覆われている状況が伝わってくる。



冒頭で毒をはいたような歌詞であったが、世間が悪い訳ではないことは分かっている。流行のラーメン屋に並んでいるような人たちにも悩みだってあり、自分1人が不幸なわけではないのだ。

自分がもうちょっと強くならないといけないことは十分に分かっている。なんとも胸が締め付けられるフレーズだ。

悔しさをバネに目標へ突き進む強い意志が込められた歌詞





タイトルコールとはテレビや舞台などにおいて、始まりにタイトルを言ったり表示したりすることだ。この楽曲においての“タイトルコール”とは“表舞台”や“主役”といった言葉に似たものを感じる。

さえない自分はタイトルコールなんてものがほど遠く感じ、輝いている人達と比べて非常に悔しいのだ。同期や後輩が売れて行ってメディアに取り上げられている様子を見て、不安に思っていた「忘れらんねぇよ」とリンクする部分がある。



他とくらべて“そりゃそうだな”と悟ったような歌詞だ。それでも“いつか飛ばなきゃ”と未来への希望を歌っているのだ。

1番のサビでは目立って大勢から愛されている“あいつ”への悔しい気持ちがあらわれているが、“僕も飛ばなきゃ”という表現から悔しさをバネにし目標へ近づこうという強い想いが伝わる。

孤独と向き合いながら未来へ歩み続ける





まだまだ未来へ向かって頑張ると明るい終り方だが“さよなら”と歌っている。この“さよなら”こそがこの曲のカギとなっているように思う。タイトルコールに憧れ、明日につきすすむために“孤独”はつきものだから。

今の自分を受け入れて、見えないところでも頑張り続けて行こうという「忘れらんねぇよ」のまっすぐな姿が現れたかのような楽曲である。


外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス