最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

東京03×山下健二郎×山本舞香の“漫画みたいな”座談会!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンルを超えた異色の5人が共演を果たすドラマ「漫画みたいにいかない。」が、10月31日からHuluにて配信開始し、毎週土曜に最新作を配信中だ。

本作は、東京03、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)、山本舞香が出演し、放送作家のオークラが脚本・初監督を担当するシットコム(シチュエーションコメディー)。

「まったく売れない漫画家の悲哀に満ちた日常」を舞台に、時代遅れの売れない漫画家とその周りの人々を、オークラ得意のシニカルな笑いと哀愁で描く。

今回、メインキャラクターを演じる東京03の飯塚悟志、豊本明長、角田晃広、そして山下、山本の5人の座談会を実施! 撮影を振り返ってもらいつつ、タイトルにちなんだ(!?)変化球の質問にも答えてもらった。

――このメンバーで撮影された感想からお願いします。

飯塚:シットコムは初めてではないんですけど、今回の作品は撮り方が変わっていて、話も脚本のオークラが意図的に、大人が見るに耐え得るようなせりふを作っています。演じていてもそうですが、見ていてすごく面白いなと思いました。

――いつもの東京03とは違うテイストということですか?

飯塚:いつもよりもっと大人っぽい気がしますし、ドラマ寄りになったかなという気もします。ふざけるところはめちゃくちゃふざけるんですけど、今までの僕らの作品と比べたら“大人の作品”という気がします。

豊本:高級感があるよね。セットも画面越しに見たらすごくシックに見えるし、僕らも経験したことのない感じの作りになっています。いいと思いますよ!

角田:オシャレですよね、高級感があります。撮り方もこだわっていましたし、一カ月で10話全部を撮り切ったので、結構大変でした(笑)。見たことがないような作品に仕上がっていると思います。

山本:私はコメディーが初めてだったんですけど、皆さんと楽しくお芝居ができました。それにずっと見ていて飽きないドラマだなと思いますし、どの世代の方が見ても面白い作品になっていると思います。

山下:普通のドラマとは違うオリジナリティーもいっぱい入っていますし、セットが「戸塚プロダクション」の事務所1つなんですよ。せりふで解決したり、感情で見せたり、セットが1つしかないので、難しかったですけど、やりがいがありました。僕自身もすごく勉強になりました。

――では、リハーサルもかなりやられたんですか?

山下:やりましたよね。

山本:本番を撮る2日前にリハーサルをやって、1日前にセリフを入れて…。

山下:結構タイトな感じだったよね。1日2本とか撮ったこともあって。

山本:しんどかったぁ…。

一同:(爆笑)。

山本:いい意味でしんどかったし、めっちゃくちゃ濃厚だった!

山下:勉強になったよね!

山本:だから撮影が終わってしまってすごく寂しいですよ、もう今日(※取材時)もバイバイしたくないですよ。

角田:でも、前に集まったときもそんなこと言ってたけど、ちゃんとバイバイして帰ってたじゃん。スッと。

飯塚:うん。一番先に帰ってたよね!(笑) 「あれ、舞香ちゃんは~?」って捜したもん。

山下:はい。アイス食ってさっさと帰ってたじゃん(笑)。

山本:もう~! そういうこと言わないでください…本当に寂しいと思っているんですから!(笑)

角田:それはおいといて、お話自体も面白いですしね! テンポもどんどんよく展開していくので、すごく面白いですよ。

飯塚:コントとして見ても面白いです!

角田:うん、だから手応えはあります。

――角田さんのベレー帽もいいですよね(笑)。

一同:(爆笑)。

飯塚:ベレー帽がね~! 舞香ちゃんが笑っちゃって笑っちゃって! ツボなんだよね。

角田:そうそう、ハマっちゃって。(お芝居を)やってんのに、ずっとクスクス笑っちゃうみたいな。

山本:だって、本当に手塚治虫さんに似てるんだもん!

角田:それは怒られるわ(笑)。

――それは似せようという意図があったんですか?

角田:まあ…一応ね。僕が演じる戸塚オサムは、手塚さんを尊敬している方なんですよ! そこからオマージュしてベレー帽をね。

豊本:根掘り葉掘り聞かれてる(笑)。

飯塚:突然のベレー帽でしたからね!

山本:本当にびっくりしました!

山下:ストーリー上は関係ない場面で(笑)。

角田:正装しなきゃいけない場面だったから。やっぱり正装といえばベレー帽かな?って思っちゃって。

飯塚:こっちは全員何に着替えてくるか知らないわけですよ。だから、着替えて戻ってきたらベレー帽をかぶってたから。

角田:そう、完全に不意打ちのベレー帽だったんですよ (笑)。

山本:面白かった~!

――ということは、アドリブも多かったんですか?

飯塚:ベレー帽はアドリブでしょ?

角田:いやいやいや! 自分の家から持って来たとかじゃないですよ。

飯塚:自前のベレー?

角田:違いますよ。用意のベレーですよ!

山本:はっはっは。ベレー!

飯塚:でも、アドリブは多かったですよ。みんなそれぞれね。

山本:そうですね。みんな自由だからせりふが分かんなくなってくるんですよ。それにすごいんですよ! 何を言っても、みんな返してくれるんですよ! どんなに意味が分からないことを言っても返してくれる!

飯塚:っていうか、そもそも意味分かんないことを言うな!(笑)

山下:(返してくれるから)気持ち良くなっちゃうんですよね。

角田:飯塚さんに言えば(何でも)返ってくるみたいな?

山下&山本:そうです!

――普段の東京03でやっている時とは違うアドリブが山下さんと山本さんからからくるから、飯塚さんとしても触発されるんですか?

飯塚:そうですね、この2人からアドリブを出されたらこっちも負けてられない!っていう思いはありましたね(笑)。

山下:そうだったんすね~。

山本:でも、逆にアドリブで来られると困りますよね!

山下:そうそう。俺らは慣れてないからね!

飯塚:それずるいよ!

山本:突然こられると自分のセリフどこだっけ?ってなっちゃう。

山下:どこで入っていいか分からなくなるよね!

飯塚:愚痴じゃねーか!

――タイトルにちなみまして。やっぱり人生は漫画みたいにはいかないな~!と思ったエピソードは何かありますか?

角田:そうですね…僕は例えば、彼女とデートとかで…。

山本:(即座に)え? 誰と?

角田:ちょいちょい。違いますよ。

飯塚:ツッコミ早かったね~!今。

角田:昔の話です。昔、ダブルデートで東京ディズニーランドに行ったんですよ。普通にいい感じになるかなと思ったら、その日ディズニーランドが停電しまして…。

山本:えー!?

山下:それはレアですね。

飯塚:だから漫画みたいじゃねーか!

角田:そんなことがありましたね。エレクトリカルパレードだけはギリギリ見られたんですけど、乗り物は一切乗れなかったんですよ。僕もそういう漫画みたいな話が多いですね。

飯塚:ディズニーランドで思い出したんですけど、僕はディズニーランドでプロポーズしたんですよ。秋に行って、花火が打ち上がる時間帯を計算して、その前にプロポーズして、OKをもらって花火が上がる、という段取りだったんです。

でも、ちょうどハロウィーンの時期だったので、花火がすごくおどろおどろしい花火で…。バンッ!って上がるんですけど、ワッハッハッハ…みたいな声が上がる演出もあって(笑)。

山下:それ、めっちゃ面白い!

飯塚:だから仕掛け花火もドクロとかで…。

山本:それ超ヤダ!

飯塚:だから奥さんもこの人と結婚していいのかな?って不安になっちゃったみたいで。それは計算外でしたね。

角田:じゃあ、ディズニーランドで何かある~?

飯塚:テーマが変わっちゃってるじゃん。

山下:ディズニーではないですけど、昔、僕ダンサー時代にユニバーサル・スタジオ・ジャパンでダンスをしていて、そのときの失敗談はありますね。

パレードダンサーなので、人前で踊る仕事だったんですけど、毎日ショーに出ていて、ある日どうも体調が悪い日があったんです。

人前では笑顔で踊らないといけないので、我慢して出演したんですよ。でも、後半ぐらいにさらに体調が悪くなって、ジャンプをして着地するシーンがあるんですけど、そこでバ~ッて飛んで、パッと止まった時に…。

山本:うわ~!!

飯塚:むしろそれ言っていいの!?

山下:大丈夫です! 前にもどこかで言った話なので(笑)。

角田:いや、どこで言ってんだよ。

山下:衣装さんがすごくいい人で! 急いでダッシュして着替える所に戻って、脱いで素直に謝りました。

「大丈夫だよ、誰にも言わないからね」って言ってくれて、優しく洗っていただいて。次のショーも無事に出られました。すごく感動しました!

飯塚:ごまかさなかったんだね。偉いし、いい話だね。って、それも漫画みたいだな。

――山本さんは?

山本:ないですよ(笑)。本当に!

飯塚:例えば告白とか過去にしたことないの?

山本:それはありますよ。

飯塚:うまくいくの?

山本:…まぁ(笑)。

飯塚:まぁ…って、その顔腹立つな~(笑)。

豊本:挫折知らずめ(笑)。

角田:ずっとうまくいってんだろうね。

山本:ずっとうまくいっているわけじゃないですよ。

本気で好きになった人とはいつも「うまくいかないなぁ」って思いますよ。

飯塚:むしろ本気で好きになった人以外に、いい感じになった人がいるってこと?

豊本:揚げ足取るね~(笑)。

山本:違います! 私、作品に入っちゃうと、その役に集中しちゃうから、どれが自分なのか分からなくなっちゃうんですよ。

一同:うえ~い。女優~!

山本:いやいやホントに! 思ってないことも言っちゃうから、手遅れなんですよ。本当は会いたいのに、役を引きずって会いたくないって言っちゃったり、そういう気分じゃないって言っちゃったり。

飯塚:役が朗らかだったらうまくいくってこと?

山本:そういうタイプだったらむしろ恋愛もしないです。たぶん。

飯塚:へ~。本当に女優だな! すげーよ。

角田:今回の役は大丈夫? 結構遊ばれちゃう役だけど。

山本:う~ん…。

飯塚:まさか、今めちゃくちゃ遊ばれてるの?

一同:(爆笑)。

山本:違う! いつもそうなんじゃなくて、ずっと一緒にいたいと思う人に限って、役の影響でうまくいかなくなっちゃうってこと。ねっ!(マネジャーに)

マネジャー:いや、そこまでは分かりません(笑)。

一同:(爆笑)。

飯塚:マネジャーさんに全部持って行かれちゃったわ~!

豊本:やるなあ!

山本:終了! ありがとうございました!

https://news.walkerplus.com/article/126958/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス