最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

出演作にハズレなしのオスカー女優オクタヴィア・スペンサー、『gifted/ギフテッド』の“おばさん役”でも圧巻の存在感!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(11)で第84回アカデミー賞の助演女優賞に輝き、現在大ヒット公開中の『ドリーム』ではNASAに勤め偉業を陰から支えた黒人女性スタッフを演じ、多くの人々の心を動かした演技派女優のオクタヴィア・スペンサー。

数々の話題作に出演し、一度見たら忘れられないインパクトをスクリーンに残してきた彼女が、『(500)日のサマー』(09)の監督&スタジオが贈る注目作『gifted/ギフテッド』(11月23日公開)でまたも圧巻の演技を見せつけている!

本作でオクタヴィアが演じているのは、独身男のフランク(クリス・エヴァンス)と、とんでもない数学の才能を持つ彼の7歳の姪メアリー(マッケナ・グレイス)の生活を見守る近所の世話焼きおばさん、ロバータ。今回解禁された本編映像は、嫌がるメアリーを無理やり学校へ送り出したフランクをロバータが「あの子を連れ戻して。今ならまだ間に合うわ」と説得しようとするワンシーンだ。

フランクの家に図々しく押し掛け、メアリーを心配して「(メアリーが)誰かに連れ去られたらあなたを殺す」とドスの効いた声で釘を刺すなど、迫力の演技を披露。深刻そうに涙を浮かべたり、意志の強い表情を見せたりと、さすがオスカー女優と言わんばかりの貫禄だ。

フランク役のクリス・エヴァンスは「オクタヴィアはとても親切な人で、女優としても人としても素晴らしい。非の打ち所がないんだ」と彼女を大絶賛。また、オクタヴィアと初共演したマッケナ・グレイスは「オクタヴィアは本当に素敵な人。オスカー女優でありながら、とても人柄も優しくて、今回共演できたことは私にとって驚きだったわ!」とコメントを寄せている。

『クレイマー、クレイマー』(79)や『アイ・アム・サム』(01)などのファミリードラマの傑作に名を連ね、全米で5週連続TOP10入りした本作。心温まるメアリーとフランクの絆のドラマはもちろん、この2人を母親のように見守る愛情深いロバータを演じたオクタヴィアの熱演にも注目してみてほしい。【トライワークス】

https://news.walkerplus.com/article/127142/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス