最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

広瀬アリス、人気美少女キャラの役作りに「まばたきしない」 『氷菓』実写化で期待に応えたいという思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●目にありえないくらいの意識
シリーズ累計230万部を突破する、小説家・米澤穂信の<古典部>シリーズ。コミックス、アニメなどのメディアミックス化も行われ人気を博している。今回は、第1作目である『氷菓』が待望の実写化となり、11月3日より公開された。山崎賢人演じる"省エネ主義"の高校一年生・折木奉太郎が、姉の命令で入部した古典部で出会った、広瀬アリス演じる美少女・千反田えると学園の謎を解き明かしていく。

「わたし、気になります」が口癖のえるは、アニメでも大人気のキャラクター。好奇心旺盛な旧家のお嬢様という役柄を作り上げるために、広瀬は監督と何度もリハーサルを重ねたという。ファンの間では"聖地"と呼ばれる飛騨高山での撮影の様子や、広瀬自身の今後についてなど、話を聞いた。

○ファンの期待に応えたい

――作品についてはもともとご存知だったんですか?

小説が原作なんですけど、私はアニメや漫画が大好きなので、アニメは知っていました。でも今回は小説の実写化ということで、アニメにとらわれないよう取り組みました。

実写化という意味では絶対にいろんな意見があるだろうな、と思いますが、私はアニメと漫画が好きなのでそのファンの方の気持ちもわかります。私が一番やるべきことというのは、原作を反映した物語の世界観を崩さないこと。忠実にやるということがすべてなのかなと思いました。

――共演者の皆さんとは、これまでも仕事で一緒になることがあったかと思いますが、今回の印象はいかがでしたか?

山崎君が4回目、(岡山)天音くんが3回目、(小島)藤子ちゃんが2回目なので、「おう、久々!」みたいな(笑)。みなさん10代の頃から知ってますけど、いい意味で何も変わらなかったです。それはすごく助かりました。

――「ここは大人になったな」というところとかは。

ないですね! 相変わらずだなって(笑)。

――飛騨高山の撮影ということでしたが、普段と違う空気はいかがでしたか?

あの場所でしか撮れない空気感があると思うので、ちゃんと飛騨高山で撮れたというのは大きいですね。モデルになった学校や制服を忠実に再現しているし、地元に原作のファンの方がたくさんいました。ちょうど撮影をしている時に、修学旅行生に遭遇して、ぶわ~って人がいっぱいになっちゃったんですが、「『氷菓』の撮影してる!」って、みんな知っている作品なんだなと実感しましたし、だからこそ期待を裏切りたくない、応えたいなと思いました。

――ファンの方の期待に応えたい、ということで例えばどんなところに力を入れられたのでしょうか。

えるの役作りに悩みました。監督と探りながら、リハーサルを何回も何回も重ね、試行錯誤して作っていきました。普段の声より2トーン位声を上げて、「私、気になります」というセリフは「絶対にまばたきをしないでください」と言われて。目にありえないくらい意識がいってしまいました(笑)。顔の角度一つにも細かく指示があったんです。

――撮影中は飛騨高山を満喫することはできましたか?

結構スケジュールがキツキツでした。でもみんなで飛騨牛を食べに行って、すごくおいしかったです。お昼ごはんに賢人君とマネージャーさんと、私のマネージャーさんの4人でもう一度飛騨牛を食べにいったり、食べ物はすごく満喫しました。

●ネガティブになることは多い
○どん底に行ったら上がるだけ

――ご自身で完成した『氷菓』を観られての感想はいかがでしたか?

正直、いつも作品は客観的に観れないんです。その時は一番いいと思ってやったことも、時間をおいてスクリーンで見ると「ああすればよかった」と考えてしまったり。1回気になったら止まらなくなって、どんどんネガティブになって落ちていくパターンは、よくあります(笑)。

――落ち方が結構豪快なんですね。

そうなんです。緩やかじゃないんです(笑)。どーん! って、垂直に落ちていきます。

――そういう時はどうやって上がるんですか?

どん底に行ったら上がるだけなので、上がるのを待つ! 最悪な時が来たら開き直るか、無になるか、どちらかですね。単純なんで、小さい嬉しいことで気持ちが上がるのをわかってるんです。何かいいことが起こるまで待とう! と思っています。

――自分で対処法がわかってると、いいですよね。

周りにいい友達が多くて、客観的に「待ちなさい」とアドバイスをくれました。

○役の幅が広がる20代

――最近は社会人の役も多いですが、今回は高校生の役ということで。

撮影でいうと、『新宿スワンII』のキャバ嬢役をやった後だったので、すごく違和感はありました。その前まで髪の毛をふわふわにしてキラキラした世界にいたのに、急に制服を着た世界に来て、ドキドキしていました。20歳を超えてから、学生の役がぴたりとなくなって、いろんな大人の役をやらせていただくようになったので、久々に制服を着ました。制服を着て、10代の時に一緒だったメンバーとまた撮影ができて、初心に戻れた感覚です。学生の時みたいに、わちゃわちゃして「イエーイ!」って感じでした(笑)。

――20代になってからの役柄の変化についてはいかがですか?

役の幅が広がったのが、1番大きいです。妊婦の役や既婚者の役だったり。20歳を超えてからなので、今までの「明るくて元気な学生」というイメージから、一歩外に出たかなという感じがします。

――今後こんな役をやってみたいというのはありますか?

極端な役をやりたいです。悪い役をやりたいですし、ぶっ飛んだコメディもやりたいですし、とにかく今は自分の引き出しを増やしていこうという感じです。1回、嫌われてみたいです(笑)。バラエティなどでのイメージもあると思うので、イメージもすごく壊せるような役がやってみたいなって。

――それでは最後に、『氷菓』の中でこのシーンをぜひ見て欲しいというとところを教えてください。

飛騨高山の風景が、すごく綺麗なんです。私が出ていないシーンですが、奉太郎と里志が自転車で走っていくところの景色がすごくきれいで。こんなところで撮影したのかって嫉妬するくらい、綺麗でした。千反田の家もすごく大きいんですけど、どこか古くて深みがあって。映画を観ながら、ゆったりとした穏やかな時間を過ごしていただけるんじゃないのかなと思います。

――また飛騨高山に行くとしたら、ここに行きたい、というところはありますか?

飛騨牛が食べたい! おいしかった~! 私、お肉が大好きすぎて、胃もたれという言葉を知らないんです。お肉でおなかいっぱいにしたいです(笑)。

●【プレゼント】広瀬アリスサイン入りチェキ
<応募〆:11月12日>

広瀬アリスさんのサイン入りチェキを1名様にプレゼントします。

○応募要項

■応募期間:2017年11月8日から2017年11月12日23:59まで
■内容:広瀬アリスサイン入りチェキプレゼント
■当選人数:1名様

■応募方法
1.マイナビニュースエンタメch公式Twitterをフォロー

2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースエンタメch公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。

※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

○当選条件

日本国内にお住まいの方 <個人情報取扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。

(1)個人情報取扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取扱および安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。

(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp

(3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス