最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ショーン・コムズ “改名発表”の真相明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歌手・女優ジェニファー・ロペス(48)の元恋人で、彼女のお尻を「まさに芸術品だ」などと絶賛したことも話題になったショーン・コムズ(48)。彼はこれまでにパフ・ダディー(Puff Daddy)、ディディ(Diddy)などと様々な名前を使ってきたが、このほど「名前を変える」と突如発表した。その意外なネーミングに話題が集まる中、本人がインスタグラムにアップした動画で真相を明かした。

ラッパー、プロデューサー、ソングライター、俳優などいくつもの肩書きを持つショーン・コムズが、48歳の誕生日に「またしても新たな名前に変更する」と突然発表。SNSにアップした動画でこのように語った。

「よう、調子はどうだ? 実はマジなお知らせがあるんだ。」

「リスキーなのは承知の上だ。人によっては陳腐な印象も受けるだろうから。でもまた改名することにしたぜ。」

「今の俺は、昔とは違う。だから俺の新しい名前はラブ(Love)だ。またの名はブラザー・ラブだ。」

「これからは、パフィ、ディディ、パフ・ダディー、その他の名前で呼ばれても答えないぜ。ラブ、もしくはブラザー・ラブ。分かったな?」

しかしその後、これが大きく報じられるなりショーンは再び動画を公開。そこで、真相をこう明かしている。

「各メディアからすごい反響があったから、混乱を避けるためにも言っておく。」

「あれはただの冗談だったんだ。」

「どの名前で呼んでもらってもいい。まだラブと呼びたいならラブと呼んでも良いぜ。俺はただ、ふざけていただけなんだ。あはは!」

世界中のメディアに報じられてしまった“改名”だが、真相は単なるショーンのジョークだったもよう。多くのファンが騙されていたが「これからもディディと呼ぶつもりだった」「そうだと思った」というコメントのほか、「もう大っ嫌い、ムカつく」といった怒りの声もネット上にあがっている。48歳になったショーンだが、まだまだおふざけは止められないもよう。彼は自身の真相告白動画に「インターネットでふざけちゃいけねえな。落ち着いてくれ」「愛を広めよう」と言葉を添えている。

画像は『Diddy 2017年10月15日付Instagram「I started this whole thing as a dream, and then the day that it turned into a combination of a dreamer and a realist, that’s when I started to really go.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス