最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

鬼刑務官役・満島ひかりの「ギャップ萌え」視聴者悩殺!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)まいじつ

11月7日に、連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第4話が放送された。満島ひかりが男性さながらの言動で“鬼刑務官”を演じた姿と、それとは真逆の女性らしさがあふれる美しい脚とのギャップがたまらないと話題になっている。

第4話は馬場カヨ (小泉今日子)が、江戸川乳業の旧社長の娘である江戸川しのぶ (夏帆)の妊娠を知ってしまうが、しのぶは「誰にも言わないでください」とカヨに頼む。困ったカヨは、再犯を憎む刑務官の若井ふたば(満島ひかり)に、こっそりと相談しようと試みるが、なかなかふたりきりになれないため、わざと問題行動を起こした。

やっとでふたりだけで話せる状況になったが、ふたばは、カヨが妊娠をしていると勘違い。「相手は所長?」と言い、「いつかこういう事が…」と怒りを爆発させる。足で壁を叩きながら「絶倫豚野郎め~!」と大声で叫んだ。

その後、しのぶが倒れてしまって妊娠が発覚する。ふたばはカヨに詰め寄り、“壁ドン”をしながら「なんで黙っていた。妊娠を知っていたでしょう」と強い口調で問いただした。

そんな場面を見ていた視聴者はツイッターに《ふたばのブチ切れ方が怖かわいい》、《満島ひかりが男だったら彼氏にしたいくらいカッコいい》、《壁ドンはかっこよすぎ》、《ドSな先生が素敵》、《満島ひかりに壁ドンされてぇ》などと好意的な意見を多く寄せていた。

合コンシーンで美脚も披露


また、ふたばは休日に寝ているだけという後輩に「合コン行かない?」と誘う場面があり、普段は鬼刑務官とは思えない赤を基調とした服と、ミニスカートを履いた服装を披露。赤ワインを飲みながら職業を聞かれたふたばは「国家公務員」とはしゃぎながら答えていた。

このときも視聴者からはツイッターに多くの反響が寄せられた。

《合コン行くと作為的にキャラ変える先生も最高》
《満島ひかりのミニスカが過ぎる》
《脚にしか目がいかないシーンだった》
《満島ひかりの合コンくそかわいい》
《寄りかかった隣の男になりたかった》
《合コンではミニスカで女子。ギャップが凄すぎる》

今回は、満島ひかりの活躍が光る“神回”だったのかもしれない。


外部リンク(まいじつ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス