最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本田真凜「5000万円契約」は「綾瀬はるか」超え(2)独占インタビューも可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CMの契約金は、人気のバロメーターだけでなく、将来性も加味されるもの。アイドル女優で見てみれば、よくわかる。

「10年前に1500万円だった新垣結衣(29)は一時期不振で伸び悩んでいたのですが、昨年のドラマ『逃げ恥』で低迷から脱し、一気に一流の証しの3000万円クラスに。一方で、最盛期に3000万円だった上野樹里(31)は結婚やとんがった言動もあってか、値崩れが著しく、大手芸能プロに在籍しながら値段がつかない状況です」(代理店関係者)

CMタレントの契約額はさまざまな要素が絡むが、真凜のようなスポーツアイドルのケースでは、JOC(日本オリンピック委員会)や所属先の連盟に支払われる強化費や肖像権などが加味され、通常よりも価格がアップすることもあるという。スポーツライターがその内情を明かす。

「昨年1月、読売新聞東京本社、朝日新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社の4社は、東京五輪・パラリンピック組織委員会とオフィシャルパートナー契約を結んでいます。中でも読売新聞は02年、JOCとオフィシャルパートナー契約を締結。新聞界唯一のJOCオフィシャルパートナーとして、04年アテネ五輪から14年ソチ冬季五輪まで常に日本選手団をバックアップしてきた実績があり、20年東京大会の招致活動も支援してきたものです。今回の本田姉妹とのアンバサダー契約で、JOCとの関係がより強化され、スポーツ支援に積極的であるというアピールにもなった。破格な契約の裏には、そんな側面も見え隠れしますね」

さらに、スケート連盟とマスコミの関係も興味深いという。このスポーツライターが続けて指摘する。

「今のスケート連盟とマスコミは、いびつな関係なんですよ。例えば、現役時代の真央ちゃんや五輪連覇を狙う羽生君の公式戦の移動に関して、帰国などの発着便を発表していない。こんなマスコミとの関係は、スケート連盟だけですね。空港で取材に応じるかどうか、それは選手しだいとしても、その情報を隠す姿勢が問われている。その一方で、放送権を持つテレビ局には手厚い優遇があり、しばしばテレビ朝日の独占インタビューが行われる。その点でも、今後は放送権のない読売系列のテレビ局やグループ会社の新聞が、半ば所属に近いアンバサダー契約をしたことで、真凜ちゃんの独占取材をすることが可能となりそうです」

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス