最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「コラーゲン食べてお肌プルプル~!」ってウソ?ホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラーゲン食べてお肌プルプル~!ってウソ?ホント?最近のコラーゲン事情とは?
コラーゲン食べてお肌がプルプルになるってウソ?ホント?昔の常識は今の非常識だったりするのです。最近のコラーゲン事情とは?

◆コラーゲン食べて明日はお肌プルプル~!ってウソ?ホント?
むかしむかし…筆者は『今夜はコラーゲン鍋食べたから、明日はお肌プルプルだね~!』と本気で友達と話していました。

しかしコラーゲンを食べても胃や腸でアミノ酸に分解され、筋肉などの細胞組織をつくるために使われるため、お肌のコラーゲンにはならないと知って愕然としたことを覚えています。

しかし2008年以降の研究では、食べ物からコラーゲンを摂る事は、体内のコラーゲンを作るために必要な成分を送り込んでいる可能性が高いと言わているのだそう。

さらに近年ではコラーゲンドリンクやサプリメントなどに配合されている“コラーゲンペプチド”を摂る事で、半分はペプチドの形のまま吸収される事がわかったそうです。
ホルモン鍋
◆コラーゲンペプチドとは?
コラーゲンペプチドとは“低分子コラーゲン”とも呼ばれるゼラチンを酵素によって分解し更に細かくしたものです。コラーゲンもコラーゲンペプチドもアミノ酸の構成組織はほぼ同じですが、違いは“分子量”。

由来にもよりますが、例えば動物性由来のコラーゲンの分子量が約30万に対し、動物性由来のコラーゲンペプチドは3000~1万、更に魚由来のコラーゲンペプチドは500~1万で吸収率が非常に良いと言われているのです。※分子量はあくまでも平均値です。

では、『コラーゲン食べて明日はお肌プルプル!』はウソなのか?ホントなのか?

コラーゲンペプチド
◆食べ物から摂るコラーゲンには限界が?
1日の摂取量としてコラーゲンはタンパク質に含まれてしまっているので特に定められているわけではないそうですが、目安としては5g~10gと言われているそうで、美肌効果を重視するなら10gは摂取したいところ。

しかし日本人の平均摂取量はおよそ1.9gほどで明らかに不足している状態だそうです。コラーゲンは動物や魚などの食べ物に含まれていますが、コラーゲンがたっぷり含まれている鰻の蒲焼やフカヒレ…そんな高級なものを毎日食べていたら破産しそうですし、もちろんカロリーも気になるところ。

要領よく摂取するなら “コラーゲンペプチド”を配合したコラーゲンドリンクやサプリメントの方が毎日継続して摂取できそうですね。
鰻の蒲焼
◆結局、ウソなの?ホントなの?
コラーゲンの摂取に関しては更に研究が続けられているそうなので、まだまだ新しい発見が出てくると思われます。

そして『コラーゲン食べてお肌プルプル~!』は、あながち嘘ではなかったということですが、食べ物からコラーゲンを摂取した場合のメカニズムから考えると【コラーゲンを食べる=すぐにお肌プルプル】というのはなかなか難しいようなのでやはり“毎日続ける”ということが大切。

研究も進化している現代では “コラーゲンペプチド”を配合したコラーゲンドリンクやサプリメントを摂る方が現実的なのかもしれません。毎日のサプリメントと、たまに食べる贅沢で美味しいコラーゲン食品で効率的にプルプルお肌を目指しましょう!
Photo by fotolia

外部リンク(美LAB.)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス