最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

不倫相手が離婚と同時に600万借金で自己破産!彼と私の現在は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


不倫ドラマは面白がって観ちゃうけど、実際の不倫や浮気には世間の風当たりは厳しいようです。

もう随分昔のことですが、実は筆者も不倫経験者だったりします。

なんやかんやで別れてしまったので、今となっては、女性の人生のいちばんいい時期(20代後半)をそんなことに費やしたのをだいぶ後悔していますが…。

◆会社の男性と軽い気持ちで不倫

昔、所属していた会社の飲み会の席で、その彼とは出会いました。他部署の役職の人で、正直、見た感じはキモい(笑)。おとなしそうで、絶対、間違いを犯すタイプではないと思ったのですが、イメージと違って、飲み会の席でガンガン口説いてきたのが衝撃でした。

飲みの席だからだろうとスルーしていたら、翌日、内線で「メシ食いに行こう」と誘われ、「この人、ガッツあんなあ…(笑)」と軽く誘いに乗ったのがきっかけです。

それからちょくちょく食事の誘いもあり、距離も詰められてきて、なんとなくノリで誘われてホテルに…。その頃の彼の口癖は「別居中だから」でした。ずるずるとそのまま5~6年付き合ってましたね。

◆彼から離婚報告メール。それより借金600万にビックリ

特に別れて欲しいとかそういう気持ちはなかったのですが、ある時、別居中の奥さんに、彼が正直に「好きな女性が出来て、もう何年も付き合っている」と話してしまったようです。

彼なりのみそぎだったのか、夫婦仲も修復不能だったのかは分かりませんが。冷えきった夫婦関係とはいえ、当然、奥さんにとって気持ちのいい話しではありませんよね。

私への報告は、彼からメールが来ました。その頃、私は彼と同じ会社だったことで、そろそろ周囲にバレるんじゃないかという不安と、純粋なキャリアアップのために転職してよその会社にいました。

なので、これまでちょくちょく会っていましたが、社を離れてからは基本メールで連絡で、週に1回ぐらいは一緒に過ごす程度でした。すっかり落ち着いた関係です。もともと自分のことなどを話すようなタイプでもお互いなかったので、ふだん何をしているのかどんな考えなのかは関与しません。

それが、こんなメールが来たのでした。「夫婦としての関係を終わることにしました。長年待たせてすいません。そして、この間に、僕には借金が600万ほどできてしまいました。明日、自己破産申請してきて片付けたいと思います」

えええ!? 離婚云々というより、後半の方に驚いたのと、内容は重いのにさらっとしたメールに一瞬引きました。

◆費用がかさんだ理由を想像すると…

でも、よくよく考えてみると、夫婦の生活費や奥様が習い事が好きでちょいちょい留学とかしていたので、その分の資金、そして私と会っている時のデート費用…など考えると、普通の会社員だと確かに費用がかさみますよね。

当時、私は、一人暮らしでしたが、家に男を転がり込ませるのが嫌で、会うのは必ずホテルでした。それが、最低でも週に3回。それに伴うデート代、なんなら旅行も行ったり…となると、そりゃあ大変だったんだろうなと。なんかすいませんと思いました。

私には何も言わないので慰謝料とかはいくら請求されたかは知りませんが、きっと慰謝料も払ったんだろうなと思います。

◆離婚後、あっけなく自分も別れた

離婚話が決着ついた後から私の不倫関係はそれほど長くは続きませんでした。

彼も一人暮らしになったので、これまでの夫婦で住んでいた2LDKからは引っ越して、西東京のワンルームにと安い家賃の場所に引っ越しました。

通勤には時間がかかるようで、これまで私も人を家に転がり込ませるのが嫌だったわけですが、仕方なく週に数回、自宅に泊めるようになりました。私の自宅で何か食べて、自宅でTV観て…という、彼にとっては安上がりだったのでしょう。

その頃の自分を振り返ると、「昔はどっか連れてってくれたり、面白そうなイベントとか探して外に連れ出してくれたよなあ…」と正直、不満に思っていた部分もあったかもしれません。

やっぱり男性って自宅に招き入れて転がり込ませると甘えて何もしなくなりますよね。かといって、自分も外に出てのデートが減ったため、スエット&スッピンで過ごしていたので、女性としての魅力は半減していたとも言えそうです。

という、色んなものを清算した上での恋愛でしたが、その後、あまりに空気のような関係性になっていたため、本当に些細なケンカで別れてしまいました。

長年、他人の旦那というストッパーがあったから、「まあ、私が言っても仕方ない」という感じで感情的なことにはならなかったんだと思います。でも、いざそのストッパーがなくなると、女ってわがままになりますよね(笑)。

結論としては、不倫の代償は、とにかくお金が二重にかかります。そのぐらい余裕がある人じゃないとできないかもしれませんね。

―シリーズ浮気の結末 vol.13―

<TEXT/タケダマコ イラスト/鈴木詩子>


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス