最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

道上洋三アナ「追い越せたと思った日ない」“偉大な先輩”中村鋭一さん偲ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」(月~金曜前6・30)の8日の放送で、メーンパーソナリティーの道上洋三アナウンサー(68)は「先代の中村鋭一さんが亡くなりました。朝刊の通りです。身の引き締まる思いです」と冒頭で語った。また、77年3月25日の中村さんの最終回放送の一部音源を約3分間、中村さんの六甲おろしの歌声を流した。

 道上アナが、6日に87歳で亡くなった元朝日放送アナウンサー・中村鋭一さんから番組「おはパソ」を受け継いだのは1977年。「中村さんが6年、私が40年。でも、40年かかっても追いつき、追い越せたと思った日はありません。(中村さんという)山の頂上には着かない」と大先輩の偉大さを明かした。

 中村さんのエピソードも披露。77年4月の第1回放送で「Spring has come early in the morning.が番組の第一声だった。中村さんは中学の英語の先生をしてましたから。第1回の時はまだ、タイトルが決まってなかった」などと明かした。六甲おろし、甲子園での実況中継の笑い話、85年の阪神21年ぶり優勝の翌日に甲子園アルプススタンドでの放送で抱き合って喜んだ話などを話し、「偉大な、稀代なパーソナリティーでした。先輩、40年間、お疲れ様でした。ありがとうございました」と涙声で故人を偲んだ。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス