最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【試写室】「世界の何だコレ!?ミステリー」思わず探検したくなるワクワク感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「穴があったら入りたい…」きょうもジーパンの社会の窓を開けたまま、偉そうに後輩に説教をしてしまった。

だから、ちょいちょい怒られているはずなのにニヤニヤしていたのか。早く言ってくれよジョニー…。

意味は全く異なるが、小さいころから、そこに穴があったら入ろうとしていた。自然豊かな地方都市では、遊ぶのは決まって森や林など、緑がたっぷりある場所で、それこそ洞窟だったり、謎の穴が開いていたり、謎の小屋があったり…。だって男の子だもん、気になるもんとばかりに勝手に探検隊を結成して、捜索をしていた。

そんな童心に帰った気持ちが味わえる番組がこんなにも近くに?あったとは。平日は仕事に追われ、今までちゃんと見たことがなかったのが悔やまれる。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回は11月8日(水)夜7時から放送の「世界の何だコレ!?ミステリー~謎のエリアを大調査SP~」(フジ系)を取り上げる。

同番組は、UFO・UMA・超常現象など、珠玉のミステリー映像を公開していくバラエティー。世界中を飛び回り、そのミステリー現場に直撃取材を敢行する。MCは雨上がり決死隊、きゃりーぱみゅぱみゅが務めている。

今回の2時間SPは「謎エリア」を大調査と題し、世界各国の謎エリアを調査するという企画だ。

■ 衛星写真で見つけた謎エリアを徹底調査!

京都府の山奥にあったピラミッド状の建物らしきものを発見。よく見ると、そこに通じる道が見当たらない。一体誰が、何のために造ったものなのか? 歩けそうな道を探しながら、スタッフが謎エリアに向かって調査することに。果たして、建物らしきものの正体とは?

■ 東北の樹海・田代峠にある謎の洞窟を徹底調査!

方位磁石が狂い、地元の方々もめったに近寄らないという田代峠。そこには、不可思議な現象が起こる謎の洞窟があるという。

そこで今回、ロッチ・コカドケンタロウをリーダーに捜索隊が結成され、数日間にわたる大捜索の結果、ついに怪しげな洞窟を発見。潜入を試みる。果たして、洞窟の先には何があるのか?

■ 立ち入り禁止エリアに描かれた謎の壁画

今も手つかずの自然が残るオーストラリアの秘境に、数千年前に描かれたと言われる謎の壁画あるという。そこはアボリジニの聖地で、部外者は立ち入り禁止のエリア。数カ月にわたる交渉の末、特別に撮影許可が下り、スタッフが現地へ飛ぶ。謎の壁画に描かれたものとは、一体何なのか? そこには意外な事実が隠されていた。

■ 山梨県・岩の穴に置かれた謎の木の人形

視聴者からの「何だコレ!?」投稿を調査するコーナーでは、山梨県に住む女性からの投稿を紹介する。「甲府市の山奥に大きな岩があります。その岩には穴があり、謎の人形が入っています。でもそこは、人間が近づける場所ではない」という内容だった。

今回も番組ではすっかりおなじみのアンガールズ・田中卓志隊長が現地へ向かうことに。謎の人形の正体とは? ほか、以前も寄せられた投稿者からの「自作の観測装置で未確認飛行物体を撮影した」という情報にも、田中隊長が直撃する。

■ 独断と偏見のレビュー

このテのミステリー映像公開ものは、子どものころに“探検ごっこ”をした人たちは大好物だろう。ご多分に漏れず筆者も、神社の裏にある林に秘密基地を作ったり、山があったら何か面白いものはないか宝探しに行ったりしたものだ。だから、映像を見て田中隊長やコカドリーダーにはとても憧れてしまった。

まず、きゃりーぱみゅぱみゅがかわいい…のは置いておいて、田中隊長の方。やはりこの人は失礼を承知で言うと実に“素人っぽい”リアクションというか、普通っぽいというか、共感を得やすいリアクションをする。

だからこそ自分がそこにいたらこんな感じになっちゃうよな、と感情移入できるし、スーパーマンではないから応援したくなるというか、よく言えば母性本能をくすぐられる。口が悪いから、決して全面的に彼に愛着が湧くわけではないが…憎めない。

よく考えてみてほしい。自分たちの部隊の隊長が、あんなにワーワーわめいたり、怒りっぽかったら嫌でしょう? それでもどこかなぜか付いて行きたくなるのは、愛されキャラが故か。

そして、きゃりーがかわいい…のはさておき、コカドリーダーの「禁断の洞窟」。正直、東北魂あふれる筆者も、こんなスポットがあることは知る由もなく。思わず…姉さん、事件ですとばかりに実家の姉に電話して聞いてみたくなった。

それはともかく、怪しげな洞窟を発見して潜入を試みるコカドの姿は、ちょっぴり頼りないけど、こちらも応援し甲斐があるタイプ。スタッフさんのド“S”っぷりもどこか痛快で、出演者なのになぜか追い詰められる感じが、田中隊長とも通じるところがあるような。洞窟の中も、神秘的というより、リアルな洞窟感があって何だかホッとした。

また、彼らの探検の撮り方も実に見事で、思わず自分もコカドリーダーの後ろを付いて行って洞窟を探検しているかのような錯覚を覚えた。

その他では、きゃりーが…えっと、オーストラリアの謎の壁画もさることながら、何カ月もの間取材交渉するという熱の入れっぷりに脱帽。「ちょっとスケジュールが厳しいからさ~」って言われたくらいで取材を諦めてしまう、われわれも見習わないといけないな。

あとは京都のピラミッドは、タクシーの運転手がいいキャラだったし、気の遠くなるようなロケには驚かされた。未確認飛行物体のくだりは、こんなにリアルなものが撮れるんだ!という驚きもあった。

約2時間くらいの映像だが、何だかすっかり遠くまで冒険しに行ったような感覚が味わえ、あっという間だった。よし! 実家に帰ったら、つけまが着いている姉さんとまたあの山を探検しに行こう。この前約束したばかりだし。

あれ? 待てよ…私に姉なんかいたっけ。それこそ、まさにミステリー。

って、何だコレ。

https://news.walkerplus.com/article/127186/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス