最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

乃木坂、欅坂は本当にAKBより人気があるのか? 関係者「ある、人気は本物。なぜならば…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AKB48の公式ライバルとして、乃木坂46やその姉妹グループである欅坂46が存在する。2005年に活動を開始したAKB48に比べ、乃木坂46は2011年、欅坂46は2015年と、近年に誕生しているため、活動実績年数はまだ短い。しかし、今や人気面においてはこの「坂道シリーズ」は「AKB48グループ」を凌ぐとさえいわれている。

AKB48グループはCD売上枚数がファンの数と一致しないといわれて久しく、乃木坂や欅坂の人気に関しても同様の否定的な声がある。果たして、彼女らの人気は事実なのか。業界関係者に話を聞いた。

「いずれのグループもCD売上や写真集の売上など、数字の面で人気の高さがクローズアップされています。たしかに先日の大量のAKBのCDを山に破棄したファンが逮捕された一件が示すように、CDの売上はあるものの、ファンの実数は少ないといわれています。同じAKB商法ですから、乃木坂や欅坂にも同様の声がありますが、実感ということでいえば、AKBよりも人気があると思いますよ」(テレビ局関係者)

否定的な意見が出てくると思われたが、以外にも真逆なようだ。

「業界内で働いていて実際に彼女たちの人気を実感することはさまざまな場面であります。そのひとつがタレントさんたちの意見ですね」(同)

タレントの意見とはどういうことなのか。

「乃木坂や欅坂に関してはファンを公言するタレントが多いんです。芸能人は各レコード会社からCDのサンプルが送られることも多いのですが、芸能人のファンの中には自らCDを買って聴いたり、ライブに行ったりする人もいます。シンプルに曲の世界観や詞が好きなのだとか。そのため、AKBとは違い、乃木坂や欅坂の人気はある程度、本物だと思っていますよ」(同)

たしかに筆者の身の回りにも、これらを評価する声は多い。

「また、PVのクオリティも高いですよね。もちろん、握手会もあるのでAKB同様にCDの実売がすなわち人気かといえば微妙なところですが、今はアイドルも飽和状態。過激なファンサービスを行うアイドルも増えていますが、そのような中ではクオリティの高いアイドルとして認知されていますので、人気は本物だと思っていいのでは」(同)

あくまでも他のアイドルと比較した場合にはという注釈付きではあったが、人気は本物だと言っても過言ではないようだ。アーティストにとって最も大切な楽曲が評価されている以上、今後もそのクオリティは保ってほしいものだ。
(文=吉沢ひかる)

※イメージ画像:『N46MODE vol.0 乃木坂46 東京ドーム公演記念 公式SPECIAL 』

外部リンク(TOCANA)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス