最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

舞台「キンプリ」主演の橋本祥平、公演直前スペシャルインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』のスピンオフ作品として公開された『KING OF PRISM』シリーズ。歌やダンス、スケートなどのパフォーマンスで人々を魅了するプリズムショーと、この世界で競い合う男子プリズムスタァたちを描いたこの作品は、SNSなどで評判になり大ヒット。コスプレや声援、アフレコOKの応援上映というスタイルを広めたことでも知られている。そんな本作の舞台『KING OF PRISM Over the Sunshine!』の公演がついに11月2日よりスタート。そこで主演を務める一条シン役の橋本祥平に、見どころや熱い意気込みを聞いた。

――劇場版アニメ『KING OF PRISM』シリーズは斬新な演出などが話題になりましたが、初めてご覧になったときの印象を教えてください。

以前から、作品を見ながら声援を送るという応援上映で有名な作品だというのは知っていたんです。でも出演が決まってから実際に見てみると「これを舞台化!?」と、とにかく衝撃を受けましたね。見ながら「え、何が起きてるの?」と驚いてばかりでしたから(笑)。この作品の最大の見どころはプリズムショーなんですが、これは歌って踊るだけじゃなくてプリズムジャンプという技を繰り出したり、見ている人をキュンキュンさせるような甘い台詞があったりするんです。さらに歌っているキャラクターに羽が生えちゃったり……何が飛び出すかわからない、すごい世界観だと思いました。

――『KING OF PRISM』シリーズには熱狂的なファンも多いと思いますが、主演が決まったときはやはりプレッシャーはありましたか?

めちゃめちゃありました。舞台の顔合わせのときに関係者の方が「キンプリはファンの方々のおかげでここまで大きくなった」と言っていましたし、その熱量は応援上映会の様子を見ていてもすごく伝わってきます。だから舞台版の主演を務めさせていただくのはとても光栄なことなんですけど、正直なところプレッシャーだなとも感じました。

――ご自身が演じられる一条シンの印象や、演じるときに意識していることを教えてください。

シンくんは明るくてピュアな子で、天性の輝きをもっています。でも最初のまだプリズムスタァを目指していないころは、どこにでもいる普通の男の子なんですよね。そんなシンくんが自分のやりたいことを見つけて、夢に向かって頑張っている姿は共感を覚えました。彼を演じるときは、常に自分も輝いていないといけないとは意識しています。劇場版アニメでは、暗いムードをシンくんのプリズムショーで一変させてしまうシーンもあるんですが、そういうふうに暗い空気を一瞬にして変えられるような力や輝きが必要なんだろうなと思っています。それにからあのピュアさを出すためにも、舞台に立っているときは、新鮮で純粋なリアクションをすることが大事なんじゃないかなと思いながら稽古中もいろいろ試していますね。

――ご自身が演じられるキャラクター以外に、気になっているキャラクターはいますか?

どのキャラクターも個性が強すぎますよね(笑)。その中でも(太刀花)ユキノジョウさんや(西園寺)レオは、初めて見たとき「女の子もいるんだ」と思ってしまったくらいキレイだし可愛いんですよ。実際は男の子なんですけど。あとはやっぱり、謎だらけな(如月)ルヰくんが気になります。今のところ彼は敵対しているシュワルツローズ側のキャラクターなんですが、シンくんをプリズムスタァの世界に導いてくれた人でもありますし、味方のように見えるときもあるんですよね。

――稽古中とのことですが、稽古場の雰囲気はいかがですか?

エーデルローズのメンバーは稽古中も一緒にいることが多いんですけど、みんな意見もいろいろ言い合うようになったし、それぞれのポジションが見えてきました。僕はボケるタイプなんですが、すぐにツッコミを入れてくれる人が多いので嬉しいです(笑)。

――舞台でプリズムショーをするにあたって、何か苦労されていることはありますか?

歌って踊るだけじゃなく、劇場版アニメにはプリズムジャンプやすごい演出があるわけじゃないですか。それを舞台上で表現するのは本当に大変なんですが、やるからにはアニメ以上の驚きを舞台でファンの皆さまにお届けしたいし、それぐらいやらないとキンプリファンの方々は納得してくれないと思うんです。だからプレッシャーはありますが、今は「やってやるぞ!」という気持ちが大きいですね。早く初日を迎えて、反応を見たいです。でも僕ら以上に、演出家の宇治川さんが本当に大変そうだっていうのは稽古をしていてもわかりますね(笑)。

――舞台版ならではの魅力はどんなところでしょうか?

劇場版アニメでは、誰か1人がメインでしゃべっているシーンだと、その子だけがカメラで抜かれていることも多いと思うんですが、舞台の場合はそのシーンにいる全員を見ることができますよね。しゃべっているキャラ以外も細かくリアクションをしたり動いたりしているんです。とくにシンくんたちは劇場版アニメ2作にしか登場していないので、この舞台でファンの皆さまに新たな一面を発見していただけたらなと思います。

――最後に、ファンの方々へメッセージをお願いします。

ここまでキンプリを大きくしてくださったのも、この作品をずっと愛してくれたファンの皆さまのおかげなので、前から応援してくださっているファンの方々にも楽しんでもらえるように稽古をもっともっと頑張っていきます! 観に来てくださった 方に「舞台版もいいよね」と言ってもらえるように精一杯演じるので、ぜひ楽しみにしていてください。

https://news.walkerplus.com/article/126124/

外部リンク(Walkerplus)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス