最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

犯罪史に残る殺人ピエロがモデルの大ヒット作! トラウマが具象化して襲い掛かる『IT/イット』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そいつ(IT)は27年周期で街に現われ、 トラウマを抱えている人間に襲い掛かる。“ホラー小説の帝王” スティーヴン・キングの代表作『IT』(文春文庫)は、 1990年に米国でテレビドラマ化され、 当時のホラーファンを魅了した。日本でも『IT/イット』 の邦題でビデオリリースされ、カルト的人気を博している。 それから27年の歳月を経て、今度は映画版『IT/イット“ それ”が見えたら、終わり。』として、そいつは甦った。 R指定作品ながら全米ではホラー映画の金字塔『エクソシスト』( 73)を上回る興収成績を収めるメガヒット作となっている。

なぜゆえ、スティーヴン・キングが生み出した『IT』は、 時代を経ても人々の心を揺さぶり続けるのだろうか。 鬼ごっこのことを英語では「Tag」と言い、鬼は「It」 と呼ばれる。ITとは不定形な怪物であって、 いつ誰がITになるのか分からない。 幼い子どもたちは鬼ごっこが大好きだが、 劇中のITは逃げ回る子どもたちがそれぞれ抱えるトラウマに姿を 変えて執拗に追い掛けてくる。 ITは子どもたちの心の傷を塞いでいるカサブタをむしり取り、 笑いながらその生傷を舐め回す。子どもたちが怯え、苦しむほど、 ITはその子どもを美味しくいただくことができるからだ。 こんな怪物、一度遭ったら二度と忘れられない。

そんな不定形な恐怖であるITに、スティーヴン・ キングが与えたビジュアルはサーカスにいるピエロだった。『 IT/イット』を観た後では、 マクドナルドに置いてある人形が視界に入ってきただけで恐ろしく 感じてしまう。実は子どもたちを脅かすピエロのペニーワイズは、 実在の人物がモデルとなっている。 1970年代の米国を震撼させた“殺人ピエロ”ことジョン・ ゲイシーというシリアルキラーだ。 資産家で街の名士でもあったジョン・ ゲイシーは福祉活動にも積極的で、 ピエロの扮装をしてはパーティーに集まった子どもたちを喜ばせて いた。だが、 その陰ではお気に入りの少年を自宅の地下室に誘い込み、 性的虐待を加えた挙げ句に殺害し、 床下に隠すという凶行を繰り返した。ジョン・ ゲイシーによる犠牲者は33名にも及ぶと言われている。『IT/ イット』 の子どもたちが暗い地下室や下水道を怖がる恐怖の水脈は、 沼地に建てられたジョン・ ゲイシーの自宅の死臭が漂う床下と結びついているのだ。

映画版『IT/イット』の舞台は、 1980年代の米国の田舎町デリー。スティーヴン・ キング作品でお馴染みキャッスルロックと同じく架空の街だ。 繊細な心を持つ少年ビル(ジェイデン・リーバハー)は、 弟を亡くしたことで吃音症がひどくなってしまった。大雨の日、 弟のジョージーはひとりで遊びに出掛け、 そのまま二度と帰ってこなかった。 ビルは弟の失踪を自分の責任だと思い詰めている。転校生のベン( ジェレミー・レイ・テイラー)は図書館に通う温厚な性格だが、 不良たちから体型のことで虐められる。 父親と2人暮らしの少女ベヴァリー(ソフィア・リリス)は、 父親が自分のことを女として見るようになったことが怖い。 ベヴァリーがバスルームに入ると、 排水溝から赤い血が溢れ出してくる。 ベヴァリーが見る大量の血は、初潮の隠喩だろう。 陽気なピエロの姿をしたペニーワイズ(ビル・スカルスガルド) は、子どもたちの潜在意識の中に潜り込み、 それぞれが抱えているトラウマに変身して、子どもたちが苦しみ、 顔を歪める様子を眺めて大喜びする。

『IT/イット』は単なるホラーではなく、 思春期を迎えた少年少女たちの成長ドラマとなっているところがス ティーヴン・キングならでは。 ペニーワイズの幻影に悩まされているビルたち7人は学校ではルー ザークラブ(負け犬クラブ)と呼ばれているが、 7人で夏休みを過ごしていくうちに無二の親友となっていく。 吃音症で悩んでいたビルも、 仲間と一緒だとあまり気にしないで済む。 パンツ一丁になって川へ飛び込み、 血まみれ状態のままだったベヴァリー家のバスルームをみんなで清 掃する。不良チームを率いるヘンリー(ニコラス・ハミルトン) にも7人で立ち向かった。 クラブの紅一点であるベヴァリーをめぐるロマンスも生まれる。 仲間と出逢い、初恋を経験し、 夏休みの間にビルたちはぐんぐんと大きくなっていく。 7人一緒なら、怖いものはない。ルーザークラブの一行は、 ペニーワイズが27年ごとにこの街に現われては多くの子どもたち をさらっていることに気づき、 下水道に潜むペニーワイズとの対決を決意する。 ひと夏の美しい記憶とおぞましい恐怖体験との対比が鮮やかに描か れる。

ペニーワイズのモデルとなった連続殺人鬼ジョン・ゲイシーだが、 もちろん彼にも少年時代はあった。 厳格で癇癪持ちの父親のもとで育ったジョン・ ゲイシーは父親の暴力や暴言に苦しみながら、 それでも父親に愛されたいと願っていた。 大人になったゲイシーは勤勉な実業家として成功を収め、 ボランティア活動にも励んだ。 父親から一人前の男として認められたいという想いからだった。 結局、ゲイシーは父親の愛情を得ることができず、 自分自身が街の子どもたちを苦しめるという倒錯した欲望に溺れて いくことになる。『IT/イット』 に登場する不良少年ヘンリーも父親に虐待されており、 家庭内で溜め込んだ負の感情をルーザークラブのメンバーを虐める ことで吐き出そうとする。 本作のヒロインである美少女ベヴァリーもまた、 父親の支配に悩まされ続けている。 彼女もビルやベンたちと出逢っていなかったら、 もしかしたらITの仲間になっていたかもしれない。 ITは姿を変え、我々が忘れた頃にふいに現われる。

映画版『IT/イット』はビルたちルーザークラブの7人が“ 大人への通過儀礼” としてペニーワイズと直接対決するシーンがクライマックスとなっ ている。ジュブナイルものとして秀逸な出来映えだが、原作& テレビドラマ版では40代になったビルたちの前に再びペニーワイ ズが出現することになる。 生きることに不安を感じていた10代の頃と違い、 40代になると仕事のこと、家庭のこと、残された人生のこと…… と違った悩みを背負うようになる。 人生に疲れた身体にムチ打って、 またペニーワイズと戦うのは少年時代とは違ったしんどさがある。 ギレルモ・デル・トロ製作総指揮『MAMA』(13) でデビューしたアンディ・ ムスキエティ監督は本作が記録的大ヒットになったことから、 続編製作にヤル気まんまんとのこと。 完結編の公開は27年後ではないことを願おう。
(文=長野辰次)

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
原作/スティーヴン・キング 脚本/チェイス・パーマー、キャリー・フクナガ、ゲイリー・ ドーベルマン 監督/アンディ・ムスキエティ
出演/ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ ウォルフハード、ジャック・ディラン・グレイザー、ソフィア・ リリス、ジェレミー・レイ・テイラー、ワイアット・オレフ、 チョーズン・ジェイコブズ、ニコラス・ハミルトン、ジャクソン・ ロバート・スコット
配給/ワーナー・ブラザース映画 R15+ 11月3日(金)より丸の内ピカデリー、 新宿ピカデリーほか全国公開
C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/

『パンドラ映画館』電子書籍発売中!
日刊サイゾーの人気連載『パンドラ映画館』が電子書籍になりました。
詳細はこちらから!

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス