最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

トーマス映画の鉄板おすすめ3作品、人気の理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大人気のテレビアニメ『きかんしゃトーマス』。2017年春には、最新のトーマス映画『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』が公開され、興行収入はトーマス映画史上最高の1.3億円を記録して、話題を呼び人気を集めました。子どもから大人まで楽しめる『きかんしゃトーマス』、今回は劇場版の魅力をご紹介していきます。
2017年のトーマス映画

テレビアニメとして大人気の『きかんしゃトーマス』は、イギリスにある架空の島“ソドー島”でトーマスをはじめとした列車や乗り物が繰り広げる成長や友情の物語です。現在までに世界180以上の国や地域で30カ国語以上の言語で放送され、世界中の子どもたちに愛されています。2000年からは、テレビアニメに加えて長編映画も制作・公開されるようになり、日本でのファンも年々増えてきています。
2017年に公開されたトーマスの映画とは?
2017年春に公開された最新のトーマス映画は『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』です。お笑い芸人でタレントの渡辺直美さんが声優として参加したことでも話題になりました。全国の映画館において多くの上演時間帯でロードショーされ、興行収入はトーマス映画史上最高の1.3億円を記録したほどの熱狂ぶりでした。
きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたちのあらすじは?
『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』の舞台は、世界各国から機関車たちが集まってスピードやパワーを競う「グレート・レイルウェイ・ショー」という大レースです。

トーマスの相手役としてヒロインを務めるのは、インド代表でバラ色の小型タンク機関車のアシマ。元気いっぱいで可愛らしい性格がとても魅力的な女の子です。彼女の他にも日本代表のヒロはもちろん、アメリカや中国、メキシコ、ブラジル、ドイツ、ベルギー、イタリア、ロシア、フランスなど世界中からやって来た個性豊かな機関車たちが登場してレースを盛り上げます。
DVDはいつ発売!?
『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』のDVDは、2017年10月18日発売です。DVDのみの特典映像としてトーマスとアシマによる話題の挿入歌「あなたはあなた」はもちろん、「レイルウェイ・ショーにつれてって」「りゅうせんけいになりたい」「びっくりきかんしゃ」のカラオケ4曲が収録されます。その他に本編で活躍する世界中の機関車たちを紹介する特別映像も見られますよ。
今までのトーマス映画を知ってる?
『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』は、トーマスの長編映画としては第12作目、CG映画としては第9作目になります。
過去何作品公開されてるの?
それでは、これまでに公開されたトーマスの長編映画を振り返ってみましょう。

●第1作目『きかんしゃトーマス 魔法の線路』(2000年日本公開)

●第2作目『きかんしゃトーマス みんなあつまれ!しゅっぱつしんこう』(2015年日本公開)

●第 3作目『トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン』(2009年日本公開)

●第4作目『きかんしゃトーマス 伝説の英雄』(2010年日本公開)

●第5作目『きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!!』(2011年日本公開)

●第6作目『きかんしゃトーマス ディーゼル10の逆襲』(2012年日本公開)

●第7作目『きかんしゃトーマス ブルーマウンテンの謎』(2013年日本公開)

●第8作目『きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠』(2014年日本公開)

●第9作目『きかんしゃトーマス 勇者とソドー島の怪物』(2015年日本公開)

●第10作目『きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語』(2015年日本公開)

●第11作目『きかんしゃトーマス 探せ!!謎の海賊船と失われた宝物』(2016年日本公開)
テレビで放送された作品は?
トーマス映画のテレビ放送は、主に「NHK Eテレ」やアニメ専門チャンネル「カートゥーンネットワーク」などで行われています。

2017年夏には、お笑い芸人のタカアンドトシがゲスト参加した『きかんしゃトーマス 勇者とソドー島の怪物』、『きかんしゃトーマス ブルーマウンテンの謎』、お笑い芸人のオリエンタルラジオがゲスト参加した『きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠』、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太さんがゲスト参加した『きかんしゃトーマス ディーゼル10の逆襲』、お笑いコンビのオードリーがゲスト参加した『きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!!』などがテレビ放送されました。
大人も楽しめるトーマスの映画
子ども向けだと思われがちなトーマス映画ですが、実は大人が観ても十分楽しめる作品がたくさんあるのです。これもトーマス人気の秘密の一つかもしれませんね。家族で見たときに、大人も楽しめる作品をピックアップしてみました。
まずオススメしたいのが、記念すべき長編第1作目の『きかんしゃトーマス 魔法の線路』です。CG化される以前に撮影された実写映画で、生身の映画スターと本物の機関車&ミニチュア機関車の貴重な共演シーンが見られます。フルCGになった今とは全く違う渋くて味わい深い映像は、むしろ大人向けと言えるかもしれません。
続いては第7作目の『きかんしゃトーマス ブルーマウンテンの謎』です。子ども向けにしては、“過去の悪事”や“失敗”といった重くてシリアスなテーマが設定されていて、思わず考えさせられてしまうような深い内容に仕上がっています。
最後に挙げたいのは第10作目の『きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語』です。トーマスが初めてソドー島にやって来た時のことを描いた物語です。この作品が制作・公開されたのは初めての長編制作から15年、初めてのテレビ放送から31年、原作絵本の出版から70年経った2015年のことでした。トーマスが持つ長い歴史をふまえて観ると、とても感慨深いものがあります。他のトーマス作品をさらに楽しむためにも、彼の原点を知ることができるこの作品は外せないでしょう。

いつもは子どもが見ているのを、隣からチラッと観るだけかもしれませんが、この3作品はぜひ一緒にじっくり楽しんでみてください。ホロリとするシーンもあり、感動に包まれるかも!?
まとめ
2018年春には長編映画第 13作目となる『きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』の公開も決まっています。一度見ればすっかりトーマスの魅力にハマってしまうでしょう。これからもトーマスと仲間たちの活躍は見逃せそうにありません。今のうちに過去の作品も要チェックですよ!
※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス