最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

AKB48メンバー号泣!原因はSNSにアップした写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月17日の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、以前の放送で発覚した下口ひななと後藤萌咲の確執について、当人同士がスタジオで大激論を展開。両者号泣する中、AKB48史上最大の因縁について真相を明らかにした。

4年前の第1回ドラフト会議で大島優子に指名され、同期でAKB48に入ったこの2人。

歳も同じことから意気投合し、「ナマイキッズ」と言うユニットを独自に組むほどの親友同士だったと言う。

だが後藤がSNSにアップした、椅子に座り机の上に足をのせスマホをいじる下口の写真が2人の関係を一変。

その後に後藤が投稿した「多分、ひななにとっての萌咲は親友じゃなくて、お友達だと思っています」で大親友の間柄が崩壊し、グループ内でも触れてはいけないタブーとして、周りも気を使う感じとなってしまった。

そこから3年、下口が番組でこのことを初告白し、明るみとなった2人の関係に終止符を打つべく、スタジオで決着をつけることとなった。

後藤とは、この件についてその後一切話しをしていないと言う下口に、MCの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が「なんで?」と問うと、「真実を聞くのが怖くて」と触れられずにいた理由を語る。

すると後藤が、腕組みをしながら下口をにらみつけ、ふてぶてしい態度でスタジオに入場。

「そもそも私に許可なく番組で喋るのが悪い」と先制パンチを喰らわせるも、中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)から、「でも許可なく写真を使ったんでしょ?」と言われると、後藤は返す言葉もなくあえなく撃沈。

村本から後藤への疑問その1として、「なぜあの写真をSNSへアップしたのか?」を質問されると、「自分をかまってくれない下口の写真を載せたかった」と答え、疑問その2の「下口をおとそうとする意思は?悪意は一切なかった?」には、「全く。それは本当に全くなかった」と否定した。

ここで村本が、怖いもの知らずの13歳、研究生の田口愛佳に感想を聞くと、「幼稚な言い合いしてるなと思います」とクールなご意見。

「写真を勝手にあげられたら嫌でしょ?」との問いには、「そうですね、ちょっと一旦シメますね」と13歳らしからぬ発言で周りを驚かせる。

村本から後藤への疑問その3「“親友じゃなく友達”とSNSで発言したのは?」には、「ちょっと覚えてないんですよね」と苦笑いしながらも「それで大激怒されるとは思っていなかったので、一旦距離を置こうかなって言う意味で」と当時の気持ちを素直に語った。

また、番組のインタビューでお互いに苦手なメンバーとして名前を挙げていたことについて暴露されると、後藤は「苦手と嫌いは違う」とした上で、「昔は子供だったからお互いが。チームKのツアーの時に、“打倒なこみく、もえひなよろしく!”のプラカードを出した時も、正直2人での活動が嫌で、ひななとこれから一緒に活動していくことに不安しかなくて」と泣きながら本音を話す。

下口は「私は萌咲と2人で活動したいと思ってたけど…そんなこと思ってたなんて…」と同じく泣き出してしまう。

最後は、本音をぶつけ合った2人が、これまでの関係を水に流すと言う意味を込めて、実際に水を掛け合うことに。

だが、下口に水をかけることへの抵抗がある後藤は再び泣き出してしまう。これに下口は後藤に寄り添い「大丈夫。これが成功すればいい」と励まし抱き合う。

後藤は笑顔を取り戻し「これからも良きライバルでいてください!」と言い、下口は「お互いをこれからも信じて、一緒にAKB人生を歩んでいきましょう!」と言いお互いに水をかける。

その後2人は再び強く抱き合い、肩を組んで「ありがとうAKBINGO!ありがとう!」と叫び、わだかまりが吹っ切れたような笑顔を見せた。

この光景に村本が、「田口さん、これどうですか。見て?」と振ると、「いや~いい茶番でした」とコメントし、13歳に全てを持っていかれた下口と後藤は、矛先を田口に向けスタジオを沸かせていた。

次回の放送は10月24日(火)、「ハロウィーンパーティ2017開催!!」を予定。

https://news.walkerplus.com/article/124930/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス