最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「父は真のレジェンド 僕もきっとF1レーサに」ミック・シューマッハは甘いマスクの18歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
F1界伝説のチャンピオン、ミハエル・シューマッハがスキーの転倒事故により深刻な脳損傷に見舞われてもうすぐ4年。この夏、彼を神の存在、真のレジェンドと慕う若者が「ベルギーGP(Belgian Grand Prix 2017)」決勝を前にシューマッハF1初優勝25周年を記念したベネトンB194でデモ走行を果たし、大きな話題をさらった。ハンドルを握っていたのは18歳のミック・シューマッハ。偉大なる父ミハエルの後をどうしても追いたいと2008年からカートレースを始め、2015年からはフォーミュラ4、今年からはヨーロッパ・フォーミュラ3選手権に出場するようになっていた。

今月14日と15日、DTM(ドイツツーリングカー選手権)のサポートを受けドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州ライン=ネッカー郡ホッケンハイムにて開催されたヨーロッパ・フォーミュラ3選手権(FIA European Formula 3 Championship)。そこでひときわ注目を集めていたのがミック・シューマッハであった。父譲りのそれは甘いマスク、優しい笑顔とハンドルを握った時の厳しい表情、そんなギャップも魅力的だとして早くも大勢の女性ファンが付いている。

「親の七光り」というイメージを嫌い、当初は母コリーナさんの旧姓を借り「ミック・ベッチ(Mick Betsch)」と名乗ってレースに参戦していた彼だが、メディアにそれを気づかれ、シングルシーターとして2015年度の「ADAC・F4選手権」に参戦することが決定したことをきっかけに、ミックは大きなプレッシャーを覚悟の上で本名であるシューマッハ姓で活動していくことを決断した。2016年からはイタリアの「プレマ・パワーチーム(Prema Powerteam)」に所属しており、ミックは「F3でさらに2年を過ごした後はF2にステップアップしたい。将来はきっとF1にも」と野心を語っている。

スポーツ万能の美しい男ミハエル・シューマッハから輝かしい人生を奪ったスキー事故。父から温かくも厳しい指導を受けることが叶わないのに「父の道を自分も追いたい」とする息子。これには想像以上に苦しみが伴うはずだ。レジェンドの父から譲られたであろう天性の才能や知名度を羨やむことはあっても、レースはあくまでも実力の世界で「親の七光り」は関係ない。ミックが勝利した際には誰もが純粋な気持ちで大きな拍手を贈るであろう。彼には常に堂々としていて欲しいものである。

気になるのは父ミハエルのその後の様子である。事故後の急性期を経てリハビリ期にはスイス・ローザンヌの病院に移り、ヴォー州グランの豪邸は看護、介護設備をすべて備えるよう改築され、そこで静かに暮らしていると報じられたのを最後に情報は一気に途絶えていた感がある。しかし先月には、脳挫傷後の機能回復に関する権威がいると知った家族が米テキサス州ダラスへの移住を検討という新たな情報が飛び出し、現地メディアの関心を集めているようだ。

画像1枚目は『Mick Schumacher 2017年10月9日付Instagram「Race week!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス